カテゴリー
ストーマ 人工肛門 排泄 排泄機能

排泄機能を失いストーマと生きる。

⇒内閣官房 支援情報ナビ 困りごとに対する様々な支援策を探せます。

⇒生活困窮者自立支援制度

⇒✅絶体絶命からの対策・解決策一覧。

⇒悩み、苦しみを和らげる、解消、解決する方法一覧。

           

           

 一時的にしろ、永久的にしろ、自分がストーマになるとわかると多くの患者さんが、

お腹から腸が出ることへのショックとその後の生活への不安を感じます。

お尻に肛門があったものがおなかにつくというので、

自分は普通の人間ではなくなってしまうのではないかと思い、

そんな自分を他人がどう見るのか、恐怖心さえ抱いてしまう人もいます。

また、本来、排泄は自分の意思でコントロールできるはずなのに、

知らないうちにお腹から便が出てきてしまうというので、

↓↓人間としての尊厳がなくなるのではと絶望的な気持ちになる人もいるほどです。

           

           

✅隣の人と違う体になったあなたの心は自由でいられてますか?
↓↓🅾はい。

↓↓🅾いいえ。

           

           

🅾失う苦しみから解放される方法一覧。

↓↓🅾排泄機能を失いストーマと生きる。

⇒筋萎縮性側索硬化症(ALS)を生き抜く。

⇒生きていることが辛く苦しく思えて自殺することが望みになっているあなた。

⇒家出や失踪、行方不明者の問題は精神的に大きな負担となります。

⇒家族の介護で自由を失ってるヤングケアラーが自由になる。

⇒ペットに責任を持つ。ゆりかごから墓場までを考えて飼う。

           

           

✅ストーマと生きる。

           

           

✅ストーマ(人工肛門)とは。


ストーマとは、手術によっておなかに新しく作られた、便や尿の排泄の出口のことを言います。

ストーマには、人工肛門や人工膀胱の種類があります。

何か特別な機械を使い管理するのではなく、自分の腸や尿管を直接おなかの外に出して、便や尿の新しい排泄の管理になります。

ストーマは粘膜ですので赤色をしています。例えば、お口の中も粘膜でできていますのでいつ見ても赤いです。

ストーマは腸や尿管をお腹に出しますので、

「ストーマが乾いたり、触ると痛くないの?」

「お風呂に入るときに、お湯が入っていかないの?」と、心配になるかもしれませんが大丈夫です。

           

ストーマは痛みを感じる神経が無いため触っても痛くはありません。

また、粘膜は常に粘液や腸液が分泌されているため乾くこともないのです。

ストーマからお腹にお湯が入っていかないか心配される方もいますが

ストーマの内側から外に向かって常に圧力がかかっているのでお湯が入ることはありません。

消化器ストーマの種類は、小腸ストーマ(イレオストミー)と結腸ストーマ(コロストミー)があります。

手術の目的によって永久的なストーマと、後からストーマを閉じる一時的ストーマに分かれます。

           

           

✅ストーマから出てくる便をどうやって管理するの?

ストーマ用の装具をお腹に貼って、便を受け止めます。

ストーマ装具は、皮膚保護材という直接皮膚に貼り付く板(面板)と、便を受け止める袋で作られています。

皮膚保護材の作用は、

(1)皮膚に便が付かないように皮膚を守る作用 

(2)汗や排泄物の水分を吸収する作用 

(3)皮膚に密着する作用などがあります。

つまり、皮膚を排泄物から保護したり、正常な皮膚の働きを維持する作用があります。

装具には防臭効果や防水効果がありますので、臭いの発生や排泄物が漏れて衣服を汚すなどのトラブルはありません。

装具を交換する時期は、一般的に週2~3回になります。

装具の交換までは同じ袋を何日か貼っておき、袋に排泄物が貯まったつど今までのようにトイレで出します。

ストーマ装具は、大きく分類すると面板とストーマ袋が一体になっているワンピース(単品系)装具と、

面板とストーマ袋が分かれているツーピース(二品系)装具などいろいろな種類があります。

ストーマ装具は、自分のストーマやお腹の形にあったものを選びます。

排泄物の漏れや皮膚のかぶれなどで管理が上手くできない時は、

自分に合うストーマ装具をストーマ専門の看護師に相談するとよいでしょう。

           

           

✅ストーマは様々な病気や事故などが原因で造設されます。

ストーマを造設する病気は、直腸がん・大腸がんや、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)などが、よく知られています。

消化器系のがんや炎症性腸疾患だけではなく、

先天性や様々な病気が原因で、皆さんがストーマを造設しています。

オストメイトは、

・生後すぐや幼少期にストーマを造設した方

・炎症性腸疾患などで長期にわたる腹痛や体調不良などで苦しみストーマを造設したことで普通の生活ができるようになった方

・がんなど突然の発病と同時にストーマを造設した方

など様々です。

ストーマがあることで、日常生活に制限があるかもしれません。

家族や周りの人に気を使うかもしれません。

漏れやにおいなどが心配で、外に出ることが億劫になるかもしれません。

でも、誰かの体験やいろんな情報を知ることで、ストーマがあっても楽しく元気に毎日を過ごしていくことができると思います。

「自分ひとりじゃないと思えるだけで元気になれる」

みんながいるから、元気になれる、強くなれる、がんばれる。

ストーマを造設しても、自分自身は何も変わりません。一緒にがんばって行きましょう。

           

           

✅ストーマ造設患者の心の変化。

ストーマ造設患者はがん患者であることが多いため、手術前にがん告知され衝撃を受けることが多い。

それに加えて、ストーマ造設が必要であることを告げられ、強烈な不安に襲われる。

ストーマ造設患者は、以下のような不安や恐怖をもつことが多い。

・原疾患や手術に対する不安

・ボディイメージの変化に対する不安

・従来の排泄機能が失われる恐怖

・社会復帰の不安

・セルフケアに関する不安

・経済的問題に対する不安

・社会生活や家庭での役割が変化する不安

・漠然とした不安

✅不安や恐怖

術前にストーマについてある程度理解し、前向きに手術に臨んだとしても、

術直後は実際にストーマを造設したことに対して衝撃を受ける。

新たな戸惑い、羞恥心、無力感、嫌悪感、手術を受けたことへの後悔などが加わり、

心理的な危機的状態に陥ることも少なくない。

緊急手術でストーマ造設された患者や、術前にストーマに対する情報を十分に得られなかった場合は、

術前に心の準備をすることができない。そのため、術後に現実を受け入れることが難しく、

さらに心理的な危機的状態に陥りやすい。

           

           

✅人工肛門(ストーマ)の取り扱いに苦労し、悩む。

ストーマ装具を使用している場合、ストーマ装具の取り扱いでうまくいかなかったことを整理して検討してみましょう。

どういうときに失敗したのか、

失敗したのはどのようなことか、自分で問題を整理してみましょう。

たとえば、貼るときによく見えずにうまく貼れない、

皮膚のしわのあたりからもれやすい、

外出時のトイレが狭くてうまく交換できない、皮膚がかぶれやすい等、いろいろあると思います。

人工肛門の管理は、入院中うまくいかないときはすぐに看護師等に相談できますが、

自宅に戻ってから何か問題が生じると、

どのように対応したらよいのか、誰にいつ相談したらよいのか、困ってしまうことがあると思います。

自宅に戻ってから、便がもれたり、皮膚のトラブルが生じたり、いろいろ問題が生じた場合は、

まず担当医か外来の看護師に相談してみましょう。

病院によっては、人工肛門をつくった患者さんの専門外来として、

ストーマ外来を設置しているところや、

皮膚・排せつケア認定看護師の資格を持った看護師がいる病院もありますので、

そういった資格を持つ看護師に相談してもよいでしょう。

あるいは、オストメイトと呼ばれる先輩患者に相談してみてもよいかもしれません。

           

           

✅ストーマのある生活の第一歩。

 一時的にしろ、永久的にしろ、自分がストーマになるとわかると多くの患者さんが、

お腹から腸が出ることへのショックとその後の生活への不安を感じます。

お尻に肛門があったものがおなかにつくというので、

自分は普通の人間ではなくなってしまうのではないかと思い、

そんな自分を他人がどう見るのか、恐怖心さえ抱いてしまう人もいます。

また、本来、排泄は自分の意思でコントロールできるはずなのに、

知らないうちにお腹から便が出てきてしまうというので、

人間としての尊厳がなくなるのではと絶望的な気持ちになる人もいるほどです。

ストーマになるのだけはいやだと訴える患者さんがいるのも事実です。

しかし、ストーマにすることで日常生活の不便さを気にするあまり、

がんの治療をせずにいれば、やがて進行したがんが、肛門をふさいで腸閉塞になるなど症状は深刻化します。

痛みに苦しんで結局はストーマにしなくてはならなくなってしまう場合もあります。

そうなったときには病気の治療も、もはや手遅れという事態も起きかねません。

           

✅若い女性オストメイトの会。

           

✅ストーマを造設される患者さん ご家族の方へ。

           

           

           

           

           

           

🅾失ったあなたを自由にする正義。🅾

           

いかなる経験もそれ自身では成功の原因でも失敗の原因でもない。

われわれは自分の経験によるショック―いわゆるトラウマ―に苦しむのではなく、
経験の中から目的に適うものを見つけ出す。

自分の経験によって決定されるのではなく、
与えた意味によって自らを決定するのである。

           

 あることが原因となって、必ずあることが帰結するという考えを「原因論」といいます。

災害や事故に遭ったこと、事件の現場に居合わせたこと、
幼い頃に虐待を受けたことなどによって、人は必ず心に傷を受けるというのであれば、

過去にある原因を過去に遡って除去できない限り、
現在の問題は解決できないことになってしまいます。

           

アドラーは、「目的論」を採ります。

同じ経験をしたからといって、誰もが同じようになるわけではない。

強いショックを受ける経験をしても、
その経験の中から自らが「目的に適うもの」を見つけ出すと考えるのです。

経験をどう意味づけるかが人によって違うのは、この目的が異なるからなのです。

           

🅾どんな経験をしても、それによって運命が決定されることはなく、

人は自らが創り出す目的によって、
⇒自分自身がその経験に縛られたり、逆に自由になったりするのです。

           

           

🅾プライドという差別。恥ずかしいという差別。🅾

           

✅勇気って半端な憎しみです。
🅾チャンと憎めば怖い相手でも苦手な相手でもスンナリ、思いっきり向かっていけます。

🅾勇敢、自信満々、反逆精神は憎しみです。
憎しみを掻き立てるには
自分を正当化する正義をでっちあげます。

           

・プライドとかの差別をしないのが正義だ。

王様のように丁重に扱われるのも
オナニーグッズや便器や雑巾のように扱われるのも
ゴミや害虫のように扱われるのも差別しないのが正義だ。

ボコボコに痛めつけられて土下座させられるのも差別しないのが正義だ。
喧嘩で死ぬのも、事故で死ぬのも、病気で死ぬのも差別しないのが正義だ。

           

・恥ずかしいとかの差別をしないのが正義だ。

可憐、健気、清潔にみられるのも
淫乱、卑猥、下品にみられるのも差別しないのが正義だ。

弱っちくても、みっともなくても、のろまでも差別しないのが正義だ。
ナンパの失敗も、事業の失敗も、ゲームの失敗も差別しないのが正義だ。

🅾しがみつくのは間違ってる。手放せるのが正義だ。

しがみつくのは間違ってる。
→生にしがみつくのは間違ってる。→プライドにしがみつくのは間違ってる。→楽にしがみつくのは間違ってる。
手放せるのが正義だ。
→生を手放せるのが正義だ。→プライドを手放せるのが正義だ。→楽を手放せるのが正義だ。

🅾差別は間違ってる。平等が正義だ。

差別は間違ってる。
→生と死を差別するのは間違ってる。→キチガイも普通も差別するのは間違ってる。
平等が正義だ。
→生も死も平等が正義だ。→キチガイも普通も平等が正義だ。

🅾拒否するのは間違ってる。受け入れるのが正義だ。

拒否するのは間違ってる。
→死を拒否するのは間違ってる。→恥ずかしいのを拒否するのは間違ってる。
受け入れるのが正義だ。
→死を受け入れるのが正義だ。→恥ずかしいのを受け入れるのが正義だ。

           

性被害者は、
いじめられっ子は、
人の思惑を気にする人は

・”これはプライドが傷つく” と差別している。
・”これは恥ずかしいことだ” と差別しています。

           

プライドとか恥ずかしいとかの差別を持ったままだと

被害者意識にハマったままです。
あなたの人生を自由に生きられません。

           

オナニーグッズや便器のように扱われても
淫乱、卑猥、下品にみられても

クズ、ゴミ、雑巾扱いされても

           

・憎しみが反逆させてくれます。

・性欲とか快楽、快感とかに振り回される人間という生き物の生まれ持った性質に
”しょうがないなぁ”と許せる気持ちになれるかもしれません。

↓↓・自ら沸き起こる性欲や快楽への欲求にためらいなくどっぷり浸れます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

✅③何が可能になるのか?

           

 

↓↓🅾エクスポージャー療法。

           

↓↓🅾上半身使うのも下半身使うのも差別しないのが正義だ。

           

⇒🍑淫乱な自分を解き放つ。

⇒🅾淫らふしだらを謳歌する。

⇒🍑咲雪華奈見放題。

           

           

           

           


⇒🅾プライド、羞恥心を投げ出すのが正義だ。

           

           

⇒🅾②あなたが使ってこなかった機能。

勇気は半端な憎しみです。
チャンと憎めば苦手な相手や怖い相手でもスンナリ思いっきり向かっていけます。

           

✅人間に備わっている機能を利用します。

           

 
1、憎むという機能を使う。

           

 

 
✅勇気って半端な憎しみです。
🅾チャンと憎めば怖い相手でも苦手な相手でもスンナリ、思いっきり向かっていけます。

🅾勇敢、自信満々、反逆精神は憎しみです。
憎しみを掻き立てるには
自分を正当化する正義をでっちあげます。 
それに反するのは思いっきり否定して憎しみを掻き立てます。

🅾しがみつくのは間違ってる。手放せるのが正義だ。

しがみつくのは間違ってる。
→生にしがみつくのは間違ってる。→プライドにしがみつくのは間違ってる。→楽にしがみつくのは間違ってる。
手放せるのが正義だ。
→生を手放せるのが正義だ。→プライドを手放せるのが正義だ。→楽を手放せるのが正義だ。

🅾差別は間違ってる。平等が正義だ。

差別は間違ってる。
→生と死を差別するのは間違ってる。→キチガイも普通も差別するのは間違ってる。
平等が正義だ。
→生も死も平等が正義だ。→キチガイも普通も平等が正義だ。

🅾拒否するのは間違ってる。受け入れるのが正義だ。

拒否するのは間違ってる。
→死を拒否するのは間違ってる。→恥ずかしいのを拒否するのは間違ってる。
受け入れるのが正義だ。
→死を受け入れるのが正義だ。→恥ずかしいのを受け入れるのが正義だ。

それに反する対象は攻撃対象となり「正義中毒」を満たしてくれます。

           

 

人の脳は、裏切り者や社会のルールから外れた人といった、
わかりやすい攻撃対象を見つけ、罰することに快感を覚えるようにできています。

他人に「正義の制裁」を加えると、
脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質であるドーパミンが放出されます。

この快楽にはまってしまうと簡単には抜け出せなくなってしまい、
罰する対象を常に探し求め、決して人を許せないようになるのです。

正義に溺れてしまった中毒状態(正義中毒)です。
この認知構造は、依存症とほとんど同じです。

⇒この「正義中毒」は、危機的な状況になればなるほど、盛り上がりやすいです。

           

 
憎しみを活性化させて恐怖を遮断します。

           

 
ココロというのはどちらか1つを選ぶしかないのです。
どちらかを選んだ瞬間もう一方は自ずと消えていきます。

悩みを問題意識に変えてみます。
悩みを解決すべき問題点に変えることによって解決策を見つけだそうと考えていけます。

解決策をあれこれ考えることによって
悩みを自分を高めるためのゲームに変えることができます。
 
⇒立ち向かうことが楽しくなり挑戦する気になるのです。

           

 
 
2、観察力、注意力、イメージ力、記憶力を利用する。

           

 
🅾困難、辛い、キツイを平常心に戻してしまう方法。
↓↓なんでもいいから連想をやります。あらかじめ連想の流れを用意しておくとやりやすいです。

           

 

🅾困難、辛い、キツイ、最悪の事態を
回避する、未然に防ぐ、打ち負かすというものではなく

逆にどっぷり浸って   思考、観察、注意、イメージ、記憶を普通のあたりまえのままに使い続けます。

困難、辛い、キツイ、最悪の事態に心をとどめないで

↓↓なんでもいいから連想をやります。あらかじめ連想の流れを用意しておくとやりやすいです。

困難、辛い、キツイ、最悪の事態を やり過ごして 普通のあたりまえにしてしまいます。

・木→林→森→山→夏山→冬山→富士山→アルプス→キリマンジャロ→エベレスト→ロッククライミング→雪崩→

・カエル→アマガエル→オタマジャクシ→ゲロゲロ→ドジョウ→メダカ→ザリガニ→ゲンゴロウ→ミジンコ→

・男→女→一条みお麻里梨夏シーメール咲雪華奈→猫→犬→馬→熊→ライオン→トラ→チーター→ゾウ→キリン→クジラ→シャチ→サメ→イルカ→

・テーマを決めてそれに沿って連想します。
🅾しがみつくのは間違ってる。手放せるのが正義だ。

しがみつくのは間違ってる。
→生にしがみつくのは間違ってる。→プライドにしがみつくのは間違ってる。→楽にしがみつくのは間違ってる。
手放せるのが正義だ。
→生を手放せるのが正義だ。→プライドを手放せるのが正義だ。→楽を手放せるのが正義だ。

🅾差別は間違ってる。平等が正義だ。

差別は間違ってる。
→生と死を差別するのは間違ってる。→キチガイも普通も差別するのは間違ってる。
平等が正義だ。
→生も死も平等が正義だ。→キチガイも普通も平等が正義だ。

🅾拒否するのは間違ってる。受け入れるのが正義だ。

拒否するのは間違ってる。
→死を拒否するのは間違ってる。→恥ずかしいのを拒否するのは間違ってる。
受け入れるのが正義だ。
→死を受け入れるのが正義だ。→恥ずかしいのを受け入れるのが正義だ。

           

 

3、ランナーズハイを利用する。

           

 
🅾困難、辛い、キツイ、最悪の事態を
回避する、未然に防ぐ、打ち負かすというものではなく

逆にどっぷり浸って 自虐行為を通じて快楽を得る。自虐の快感を目標にします。

”ランナーズハイ” ”クライマーズハイ” ”ワーカーズハイ”にたどり着くことを目標にします。

           

・突然おとずれる、フッと体が軽くなる瞬間。やがて全身が、ポジティブな感情で満たされます。

・大変な仕事でも集中してやっていると快感になっていく。この現象を「ワーカーズハイ」といいます。

・運動と薬物依存症は、脳内の化学的なプロセスが共通しています。

重度の依存症患者のミュー・オピオイド受容体を活性化させることで、
⇒危険な薬物やアルコールを用いなくても、患者が切望する状態にできるのかもしれません。

           

 

4、自虐行為を通じて快楽を得る。

           

 
・身体は苦痛に直面すると、エンドルフィンという天然の鎮静剤を分泌し、
モルヒネの受容体が結合し、モルヒネやアヘンのような鎮痛作用や多幸感をもたらす。

人の快楽を感じるシステムと苦痛を感じるシステムは密に連携しており、
苦痛の刺激を受けると、快楽システムも活性化し、
これが苦痛でありながら快楽を感じるという状態をもたらしている。

・自虐によって精神的に耐えられない不安やストレスなどの感情を
⇒肉体に転化させることで、精神的苦痛を軽減する。

           

5、手助けすることが快感になる「ヘルパーズ・ハイ」。

           

 
「人は人に親切にすると幸福感を感じる」
「オキシトシン」という神経伝達物質が脳内で分泌されることで起きる現象。

オキシトシンは近年の研究結果から人とのつながりや愛情に密接に関わる物質として注目されており、
親切をしたとき・されたときや、
手をつなぐなどの軽いボディタッチをしたときなどにも分泌されるといわれています。

他人に親切にすると、快感ややる気に関わる「ドーパミン」という神経伝達物質も多く分泌される。

ヘルパーズ・ハイとは、こうして親切が快感を生み、
「親切→気持ちいい→もっとしたい→親切」というループになる状態のこと。

ランナーが走っていて気持ちよくなる状態を「ランナーズ・ハイ」と呼びますが、
⇒いわばその“親切バージョン”なんです。

           

6、線条体を利用する。

           

 

脳の奥にある『線条体』は、行動と快感を結びつける場所で、
ここを活性化させると無意識に行動できるようになります。
つまり、線条体の活動を高めることが、やる気アップにつながるのです。

線条体は、行動側から活性化させる方法と、快感側から活性化させる方法があります。

・何でもいいから行動を起こしてしまえば、
線条体は勝手に活性化するという側面があるので、それを利用しましょう。

書くという行動をすることで、行動側から、やる気につなげていきます。

そのうえ、やらなくてはいけないことを書き出していくと、やっている自分が具体的にイメージできます。

・行動のイメージができると、線条体が活性化しやすくなるため、さらにやる気アップへとつながっていくのです。

これをやれば良いことが起きるのではないかという快感が予測されたときも活動を増します。

⇒どちらの方法でも、やる気につながっていくのです。

           

 

           

 

⇒✅”楽しんでしまう作戦” で行くのである。

理不尽な相手や世の中でも
楽しみを見いだしていこう、ランナーズハイにたどり着こうと試みていくのである。

⇒中国の闇の拷問。⇒ミャンマーの虐殺。なんてことがある中で理不尽な目にあって白い目で見られるなんて痛くもかゆくもない。逆に平和を実感しちゃう”

”自分を放棄した解放感” ”理不尽への反逆魂が痛快” ”生物の本性(憎むという機能)に味方する正義感”

楽しみ(楽しみって言えるものかよくわからなくてもいいから)をでっち上げでもこじつけでもリストアップしていってください。

           

           


⇒🍑辛いこと、苦しいことの苦手意識から脱却、解放される科学的に根拠のある治療法が、
「持続エクスポージャー(PE)療法」です。

エクスポージャー療法とは

恐怖や不安の原因になる刺激や状況に段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく方法。
⇒主に恐怖症や不安障害などに用いられる行動療法です。

           

           

⇒段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく。

           

           

⇒🍑生き物はその痛みや苦痛が長時間継続する場合
その痛みそのものを緩和する物質を
神経麻薬として生成する機能も作り上げてきました。

身体は自らモルヒネのような鎮痛物質を作り出すのです。

脳内麻薬はドーパミン神経も活性化します。
脳内に分泌されたドーパミンは恍惚感と多幸感を演出します。
⇒人に快楽の感覚をもたらします。

           

⇒🅾最初は痛みと恐怖でしかなかった感覚が刺激の増加とともに
脳内麻薬の分泌を増やしていきやがて大量のドーパミン照射となり
最初は軽度の快感が
オーガズムの強い快感へと変わっていくのです。

           

           

           

           

女子が山羊を投げる

           

⇒🍑エクスポージャー療法として利用するアイテム。

           

⇒🍑女性のためのセックストイ通販。

⇒🅾アダルトグッズ(男性用セックストイ)購入サイト。

⇒🍑ランジェリーで別人になる。

⇒🍑イッちゃう動画。

⇒🍑イッちゃう動画見放題。

⇒🍑SMにハマる。 

⇒🍑ライブチャットでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑出会い系サイトでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑コスプレで別人になる。

⇒🍑コスプレ動画見放題。

           

           

           

           

           

✅④あなたの状況はどう変わるか。

           

✅苦しみを分かち合う同志を持つ(想定する)。

✅苦しみを分かち合う同志を持つ(想定する)。

肉体の痛み、苦しみ。 ゴルゴダの丘のイエスキリスト。苦行中のブッダ。サメや蛇やワニに食われる人。
体が動かせなくなる病。 ⇒ホーキング博士。
自殺者。 ⇒ミャンマーの虐殺。
引きこもり。 ⇒中国の闇の拷問。

           

✅”楽しんでしまう”ということを目標に定める。


✅楽しみリストを(でっち上げでも)作る(でっち上げであっても 思いついたことは実現の可能性がある)。

✅楽しみリストを(でっち上げでも)作る(でっち上げであっても 思いついたことは実現の可能性がある)。
・痛みは ①生きてる実感。 ②充実感。 ③自虐の快感。
・誹謗中傷を浴びると ①憎しみを掻き立てられる。 ②この野郎魂に火が付く。
・欠点、障害、失敗は ①誰かの励みになる。 ②やり過ごせた達成感。
・苦しみには  ①やってやったという充実感がある。 ②ボロボロでもやってかっこいい。 ③やった達成感。解放感。
・憎しみには ①ガツンとやってスカッとする。 ②活力が湧く。 ③恐怖を遮断できる。
・苦手なことは ①変身へのステップ。 ②強引な突然変異。 ③こだわり、囚われ、縛りからの脱却。
・抵抗があることは ①さなぎになって蝶になること。 ②進化へのステップ。 ③やった高揚感。
・緊張すると ①体、心、思考の変化を体験できる。

✅塞翁が馬・思考法。
手を失った。→周りが助けてくれるようになって絆が出来た。 失明した。→直観、イメージ力が研ぎ澄まされた。

✅諸行無常・思考法。
全てのものは変化して、滅せぬものはない。

✅諸法無我・思考法。
やってしまったこと、なってしまったことは縁、条件が重なってそこへ導かれている。

✅憎しみ活用法。
⇒🅾このやろうって目にあって反逆精神を掻き立てる。

✅現実逃避イメージ法。
⇒🅾エロいこと。きれいなもの。かわいいもの。ウキウキなこと。
今やってることと関係ない作業や予定の構想。
現実と関係ないことのイメージをしてみる。

           

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

           

↓↓↓こちらをクリックして扉を開けて踏み出してください。

⇒🅾エクスポージャー療法。その1.

⇒🅾エクスポージャー療法。その2.

⇒✅エクスポージャー療法見放題。

           

           

                                  

                                  

⇒✅人類への贈与。

生き方のアドバイス。

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅PC作業効率化と
必要な作業をルーティン化するためのコンテンツを公開します。

毎日これを使って作業を進めているので  日々内容が変わってます。

⇒「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」

🅾そのためのツールです。

           

           

以上
排泄機能を失いストーマと生きる。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

           

作成者: kitui

ウェブセールスコピーに乗せられて
手を出してはうまくいかないを繰り返して

借金作って返済にヒーヒー言ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。