カテゴリー
いじめ いじめ対策 憎しみ

✅いじめ対策って”憎しみ”だってご存じですか?

生活困窮者自立支援制度

✅やれることはやっておく。
⇒絶体絶命からの対策・解決策一覧。

           

           

           

✅いじめ対策って”憎しみ”だってご存じですか?

クリックで各見出しに飛びます。 右下のマルをクリックすると 戻って来ます。

           

           

           

(呼びかけ)
✅いじめ対策って”憎しみ”だってご存じですか?


⇒🅾はい。

🅾いいえ。

           

           

           

           

いじめ対策って”憎しみ”だってご存じですか?

           

✅①問題は何か?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅この世は危険なところだ。
悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。 
⇒アインシュタイン

           

✅いじめる人間は、標的を誰にすればばれないか、ジャブを全員に試します。「こいつはここまでやっても大丈夫だ」というふうに。

 ぼくには大丈夫だと思ったのでしょう。親にもらったシャープペンシルを「貸してくれ」と言われて貸したら、そのシャーペンで机の上を彫り始めて、机に穴をあけようとする。ペン先がだめになり、やがてボキッと折れたのです。
親の思いが込められた大切なシャーペンでしたが、仕返しがこわくて黙っていました。
もし文句を言ったら、指を折られるか、かばんを川に投げられるか、学生服を切り裂かれるかされると、分かっていたからです。

 不良たちは原付きバイクで学校の廊下を走ったり、消火栓のホースを引っ張ってきて廊下を水浸しにしたり。
毎日のように警察に連れて行かれて、もはや学校でどう評価されようがこわくないのでやりたい放題でした。
先生につばを吐いて殴りかかっていました。先生が板書していると水風船を投げて文字を消す。
先生は「誰だっ」とは言いますが、誰とはつきとめないで授業を進める。
「先生はつきとめないのか」と見ると、いじめがクラスを支配する「いじめの王国」ができていきます。
いじめの王国は、生徒だけではなく先生も一員で、何もしない先生は王国で傍観者の役割を演じているのです。

           

✅組織として成立するいじめ。

休み時間にはプラスチック製のバットで殴られました。掃除時間には「プロレスごっこ」をやり始めます。
教室の後方に机を下げてできた空間をリングに見立てて、ほうきでぼくをたたく。
投げ出されて教室の壁にぶつかるのですが、リングのロープにはね返されたまねをするのがいやでした。
不良たちは片腕を水平方向に伸ばして、ぼくの首もとや胸にたたきつける。ラリアットというプロレス技です。
転んで顔を踏まれている時に、不良に向かって「おー、勝った-」「強いねー」と、仲のよかった子や好きだった女の子が拍手喝采する。
毎日3、4人がやられていました。いじめがクラスの中で組織として成り立っていたのです。

 一番ひどいいじめを受けていた子は男子で、毎日不良全員のかばんを持たされて全員の家に届けさせられ、不良をおんぶして乗り物がわりに走らされ、自分の家に上がり込まれてその子の茶わんに排便を命じられ、それを食べさせられていた。
昔はセーフティーネットがなかったから、不良のやることには歯止めがなく、
⇒いじめの標的は人間扱いされませんでした。

           

           

🅾大人になってからもずっと引きずられていましたね。

✅いじめを受けていた頃には、先を考える余裕もなかったんです。
大人になってからこんな幸せな未来がくるなんて、まったく想像つかなかったんですよ。

いじめは、解決したら終わりというわけではありません。
思春期の子どもの心って、ガラスみたいに透明で、簡単にヒビが入ってしまうんです。
いじめられている子は、「いかに今を生き延びるか」を考えています。

「卒業するまでの間だから」とか言われても、明日、明後日と学校に行く毎日が地獄。時間軸も、大人と感覚が違うんですよ。「この5分休み、独りでどう過ごせばいいんだろう」とか、学校にいるわずかな時間がすごく長く感じるんです。
⇒すべての大人は、加害者じゃなくて被害者を守ってほしいです。

           

           

⇒✅いじめでつらい思いをした人たちが、自分らしく生きられるようになった”きっかけ”を語ってくれました。

           

           

✅②なぜ、その問題は解決されていないのか?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅いじめは人生を台無しにする。

 ぼくは2番目くらいにいじめられていましたが、親に言えない子の気持ちが分かります。
恥ずかしい。自分がいじめられている人間なんだ、と知られるのが恥ずかしい。
小学1年から剣道をやっていて体も大きかったので、あらがえばあらがえたでしょうが、暴力をふるいたくなかった。
不良たちは気持ちの弱いやつだと見なして、「こいつは反抗してこない。先生にも密告しない。親にも言わない」と狙ってくる。

いじめてみた時に刃向かってこなかったら、いじめの程度を上げていき、馴致(じゅんち)させていく。自分たちの制圧下に置いて飼育していくのです。

           

 9月に自殺する子は親にも言わない子だと思います。親に失望されるのがいや。いじめられっ子であることが恥なんです。
家庭という聖域にいじめを持ち込んで、「まさか殴られるなんて」と母親を泣かせてはいけない。親に悲しい思いをさせたくない。元気に学校に行っているという幻想を壊したくない。

いじめは自分の人生のノートを汚される、台無しにされることなのです。
ぼくにとっては相談も恥で、同じ中学に通っている一つ年下の弟にも話せませんでした。

           

✅どうしたら子どもが打ち明けるのか。

 先生は子どもの言語を解読できません。子どもだけはこれは集団によるリンチなんだと分かる。
自分から「いじめられている」と言うのはいやなんです。
誰かが「君、なんかあるんだろう、言ってみろ」と言ってくれるのを待っているんですよ、秘密の救世主が現れるのを。
この日々を終わらせてほしい。誰かに察してほしいという気持ちがあります。

 子どもは大人よりも空気を読む。大ごとにしたくない。何事もなく、静かに静かにリセットしてくれる人を待っています。

親がどう出るかも読む。ほどほどにうまいやり方でやってくれないかなと思っているのです。

           

✅親の対人関係能力が問われる。

 決め手は親のコミュニケーション能力ですよね。親自身が社会的ないじめられっ子だったら到底対処はできない。
お母さんが何かしてくれる雰囲気を出していないと、子どもは絶望するでしょう。
家の中のコミュニケーションは最強のセーフティーネットです。

 ぼくの場合、中学2年のゴールデンウイーク明けからいじめが始まり、1学期からずっと死にたいと思っていました。
夏休みが終わって9月に学校に行くのがいやでいやで、いじめがひどかった10月から11月にかけて、一番行きたくなかった。

矛盾していますが、気づいてくれと願いながら、その一方では何事もなかったかのように普通の中2を演じていました。
⇒恥を悟られないように、家では平静を装って暮らしていたのです。

           

           

🅾お母様も、最終的には学校に行かない選択を受け入れて、中川さんを休ませたんですよね。

✅そうですね。シングルマザーで、夜も遅くまで働いて疲れていたはずなのに、
帰ってからは私と一緒にゲームをしたり、大好きなブルース・リーの話をしたり、ずっと遊んでくれました。
私も母と過ごす時間が支えで、仕事から帰ってくるのを寝ないで待っていました。

いじめられている子どもは、学校ではつねに戦っています。
気を抜ける場所で、信頼できる相手と一緒に笑い合う時間は本当に大事です。
⇒親御さんは、理由は聞かなくてもいいから、まず心を守って肯定してあげてください。

           

           

✅③何が可能になるのか?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅戸田恵梨香

中学のころ、友だちとの間に、すれ違いや誤解が続いて、ある日、7~8人から学校のトイレに呼び出されたことがあるんですよ。私にとっては、それだけで、すっごくびっくりした出来事だったけど、
何よりショックだったのは、中心になっていたのが赤ちゃんのころからの幼なじみだったこと。

そのとき突然、先生が入ってきて……。
当時は“大人には入ってきてほしくない”と思ってたけど、結局それで救われた私はラッキーでした。
幼なじみの友だちのお母さんからは“ごめんね”って電話がかかってきて、学校もまた楽しくなったんです。

大人に頼ることも大切なこと。勇気を持ってSOSを出して! 

今、貴方がいるところが世界のすべてだと思わないでほしい。
それを実感するためには本を読むのも、ひとつの方法。
⇒オススメは、『鏡の法則』です。
⇒物事を違った目で見られるようになると思いますよ。

           

✅他人が自分を虐待したら、それを許さないのが生命の基本である。

押し付けられタイプは振り回され、悪いのは自分と解釈してしまう。

           

 劣等感の強い人は相手を過剰に認めるが、恐ろしい錯覚であり、形の上での立派は本質的ではない。

           

自分を利用する人を許してはいけない。自分を軽蔑する人は「許す相手」を間違えている。

           

まず、強くなり、自己評価を高め、自我を確立する。

自分に正直になる。

「許す」のはその後である。

           

✅闘うことをしないと欲求不満のはけ口にされる。

人間関係災害を避けるには、今まで悪環境の中で生きてきたことに自信を持つことである。

           

トラブルは乗り越えるだけである。人間関係のトラブルは一生終わらない。

⇒いつもエネルギッシュな人はこのような悟りを開き、生きるエネルギーが湧いてくる。

           

✅④自治体、NPO 他社製品との違いは何か?見込み客の状況はどう変わるか。

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅息子が●●●を始めました。途端に仲間が出来たのが嬉しかったのか、今までに無い明るい笑顔を見せてくれるようになりました。
もちろん、いじめっ子バリアも良い感じで出来つつあるようで、
最近、いじめっ子が手を出さなくなってきているみたいです。
正直、もっと早くこのこのノウハウを手に入れて起きたかったです。

           

✅「周りの●●について調査する」という方法が少し紹介されていましたよね。この方法が効きました。
いじめを仕掛けてくる子達の態度がずいぶん変わりました。
やっぱり、●●というのは子供にとって仲間意識を高めるのでしょうね。

今では娘の方が●●に詳しくなり、クラスでも人気者になっています。

           

✅実行していくだけで、息子がどんどん学校が好きになってきて・・・。
更に嬉しいことに将来の夢も見つかったみたいです。
毎日楽しく学校での出来事を話す息子なんて、
⇒いままで想像すら出来ませんでした。

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

共鳴  抵抗

↓↓↓こちらをクリックして扉を開けて踏み出してください。

⇒🅾行動力の仕組み。
⇒🅾絶体絶命からの逆転。
⇒✅人類への贈与。

           

           

           

           

           

✅「クールハンドルーク」はなぜクールハンドだったのか?

不屈の反逆精神を持つ仕組みとは?

           

           

✅苦手な相手や怖い相手でも向かっていけますか?

⇒🅾はい。

⇒🅾はい。


⇒🅾いいえ。

           

           

           

「クールハンドルーク」はなぜクールハンドだったのか?

           

⇒Cool Hand Luke『暴力脱獄』

           

           

✅①問題は何か?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅1、親からキリスト教、ユダヤ教のような神という
賢くて何でも分かっていてやろうと思えば何でもやれる人間のような存在のイメージを持たせられる。

           

✅②なぜ、その問題は解決されていないのか?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅2、世の中は戦争や災害や差別や挫折など理不尽だらけだった。

           

✅③何が可能になるのか?

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

✅3、神は何でこんな理不尽な世の中を正そうとしないんだ。
神だったらできないはずはないのに見てみぬふりをしている。

           

4、人間のようなイメージで神を見ているルークは
理不尽な目に合えば会うほど神を憎んで
クールに冷ややかになっていくのであった。

           

✅④自治体、NPO 他社製品との違いは何か?あなたの状況はどう変わるか。

共鳴 再定義(物語、数量、論理) 抵抗

           

🅾神への憎しみがルークの心を支えてくれていたのだ。

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

共鳴  抵抗

↓↓↓こちらをクリックして扉を開けて踏み出してください。

⇒🅾怖い相手、苦手な相手でも向かっていける。

           

           

           

✅人見知りが思いっきりはじける、はしゃげる人間になるには?

           

           

✅①問題は何か?

✅・映画館で良かったー、パチパチパチって喝采あげたいけど周りがおとなしいから気が引ける。

歩道でミュージカル映画みたいに歌ったり踊ったりしたいけど人目が気になって出来ません。

✅・新型コロナウイルスの感染対策のために家庭で過ごす時間が増えて

ストレスが増していると思います。

普段なら「この位のことは大丈夫なのに」という出来事にも

イライラを爆発させたり、こだわりが強くなったり、黙り込んだり、

親も子供も

⇒日常生活のバランスが変わってきているため、気持ちと行動がちぐはぐになりがちです。

⇒コロナ・ストレスに対応する。

⇒新型コロナウイルスによる不安やストレスなどの心の問題に対処するために。

           

✅②なぜ、その問題は解決されていないのか?

✅人間がどういう仕組みで動くものなのかがわかっていないから解決できません。

           

✅③何が可能になるのか?

笑いが健康に及ぼす効果。

近年の研究では、笑うことで下記のようなメリットが得られると言われています。

✅1. ストレスの軽減。

笑うことで分泌される脳内物質のひとつに「エンドルフィン」というホルモンがあります。

このホルモンには多幸感をもたらす効果があり、モルヒネの数倍の鎮静作用があるのです。

笑いには「ストレスホルモン」とも呼ばれる「コルチゾール」の値を下げる効果もあるので、

ストレスの軽減や予防にもつながります。

✅2. 血行の促進。

声を上げて笑うことで「有酸素運動」をしているのと同様の状態となり、体内に多くの酸素が取り込まれます。

それにより新陳代謝が活発になり、血行の促進にもつながります。

✅3. 脳の活性化による記憶力アップ。

脳内の記憶を司る器官である「海馬」は、笑うことで活性化されます。

笑いにより脳内のアルファ波が増大することでリラックス状態が促され、

脳の血流も良くなるので、記憶力アップや認知症予防への効果も期待できます。

✅4. 免疫力の向上。

ウィルスに感染した細胞や、がん細胞を破壊・抑制するリンパ球の一種

「NK(ナチュラルキラー)細胞」は、笑うことで活性化されます。

NK細胞の活性が高まることで、感染症などの疾病を未然に防ぐことができるなど、免疫力の向上につながります。

✅5. 腹筋や表情筋などの筋力強化。

笑いヨガのように大声で笑ったり、顔全体を使う動きをしたりすることで、

自然と腹筋や表情筋が鍛えられます。

⇒顔のたるみが抑えられるので、リフトアップ効果も期待できます。

⇒新型コロナに感染した。3日で治す方法。 #免疫力 #呼びかけ

           

✅④カウンセリングやサポートや支援との違いは何か?

徐々に良くなって行くのではなく

即効で変身できます。

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

↓↓↓こちらをクリックして扉を開けて踏み出してください。

⇒🅾自分の行動を自由自在に変えていける理由。

🅾苦手な相手や怖い相手でも向かっていけますか?
⇒憎めば向かっていけます。

           

           

✅引きこもりの生き方対策。

           

           

✅新しい人生観や生き方をつかんだ時に、それまで持っていた「普通に生きる」という人生観がいらなくなりました。

ある日、アフリカのサバンナに野生動物がたくさんいる場面が、突然頭に浮かんできたんです。

あの動物たちは、それこそ誰にも顧みられずに生きて、誰にも顧みられずに死んでいく。

自然のままに生きて土に返って行くだけの一生。

自分は人間としては最下位でまともに生きられない。

でも野生動物としてなら生きられるんじゃないか。

要するにやりたいことをやる、お金が尽きたら野垂れ死にする。その時の自然の成り行きに任せて生きていく。

その場面を見たことで、それまで思いも寄らなかった人生観が浮かんだのです。

そのことで、それまで「人並み」「ふつう」にこだわり、縛られていたことから自由になり、気持ちが楽になり始めたのです。

           

僕自身の経験や、(人から)相談を受けている経験からも、

気持ちが楽になることとエネルギーが増えていくことは、相関関係があると思います。

気持ちが楽にならないとエネルギーが増えていかない。

気持ちが楽になり始めたことで、エネルギーがこんこんと湧き出る感覚があって、

ひきこもり当事者を集める自助会活動や仕事の模索を始めました。

           

私はひきこもる前に教職を目指していて、それまでは教育を良いことのように思っていましたが、

教育を受ける子供にとっては、(教育も)抑圧やコントロールなど良くないこともあるなと考えるようになりました。

その考えを生かそうと思い、青少年の支援、不登校やひきこもり、カウンセリングなどの勉強をして、

「ヒューマン・スタジオ」という民間の相談機関を設立し、今に至ります。

           

           

✅ひきこもっている本人の気持ち。

本人がひきこもって家族と口をきかないか、あるいは本音を言わないため、

何を考えているのか、どんな風に感じているのか分からず、家族は不安になるかもしれません。

人によってさまざまではありますが、以下のような気持ちを抱いてるのです。

1、傷つきやすさ・自信のなさ。

ひきこもっている青年の多くは、心が傷つきやすく、自信が持てない状熊にあります。

たとえば、自分の容姿や他人の視線が気になって、出るに出られなかったり、

同年代の友人と自分を比べてしまい劣等感を感じたりします。

自分の今の状態を人に知られたり、とがめられたりすることがないように、心理的・物理的にひきこもらざるを得ないのです。

2、自責感・あせり・いらだち。

社会や家庭で本来の役割を果たせていないことを、本人が一番気にしています。そして自分を責め、悩んでいるのです。

あるいは、社会のレールからはずれてしまったというあせりがあるかもしれません。

そのようなときに人から注意されると、余計に気持ちが落ち着かなくなり、やりきれない思いにかられます。

このようなときは、落ち込んで自室にこもったり、親や近親者へ暴言や暴力が向かうことがあるかもしれません。

本人も望んでそうしているわけではありませんので、

家族が上手に距離を取ることで、本人の気持ちが収まってくることもあります。

3、周囲への不信感・過敏さ。

ひとりでゲームやビデオなどに没頭しているかもしれませんが、心底楽しんでいるわけではありません。

心の中では、自分が何もせずに家にいることを、家族がどう思っているのか、あれこれ考えをめぐらしています。

家族の期待や不安に過敏に反応し、不信感を抱いたり、非現実的な夢を空想したりしながら、人一倍神経を使っています。

また、辛い経験を思い出して世の中を恨めしく思うこともあるかもしれませんし、

熟睡できないために、長時間にわたって寝ていることもあります。

4、助けを求めたいが、ためらう気持ち。

家族に負担をかけ続けるのは心苦しいけれど、

かといって自分が何をしたいのか、何ができるのか分からず、行動を起こす意欲もなかなか出てきません。

いっそ消えてしまえたら、と思うこともあります。

また、相談したからといって解決するのか、と懐疑的になっているかもしれません。

それでも、心のどこかで何とかしたい、自分を理解して欲しい、という気持ちは抱いているものなのです。

           

           

✅引きこもり当事者1000人へ大アンケート、「生きづらさ」の元凶とは

・「生きてるよ」の声が聞きたい。誰もが生きやすい社会を

川崎市通り魔殺傷事件を引き金に、

練馬区の元事務次官の息子刺殺事件などが立て続けに起きて、世間の敵意が“ひきこもり”に向けられるような偏見が拡散。

報道のあり方を含め、国や行政、世論も

「ひきこもり」状態の人たちに対する対応やリテラシーのアップデートを求める機運が高まっている。

今回のアンケートは、自分が好きか嫌いかといった内面の問題から、

どういうところに生きづらさを感じるか、

理想の働き方、居場所/場づくりに対する期待など、12ページ30項目にわたる。

本人が聞かれただけで苦しくなるような設問も、なるべく避けるようにした。

調査対象者は、本人が自認する「引きこもり当事者・経験者」。「引きこもり」を定義して、対象者を絞ることはしない。

「僕らとしては、調査結果を通じて“引きこもり”を再定義したいという目的もあるんです。

『ひきこもりフューチャーセッション庵(対話の場)』を7年間続けてきて感じたのは、

庵では元気に見えても引きこもり状態には波があるし、断続的な人もいる。

思ったよりも多様な姿が見えてくるのではないか」(川初理事)

 調査方法は、UX会議のイベントやワークショップの参加者をはじめ、

有識者らのネットワーク、SNSなどを通じて協力を呼びかける。

アンケート票の希望者がいれば、1部でも返信用封筒を同封して郵送するという。

またオンライン上でも、パソコン、スマホ、タブレットで回答できる。

「これは単なるアンケートではない。僕らからのお手紙であり、まずはここからつながりましょう。

そして、いつかお酒でものみながらお会いしましょう」(川初理事)

お手紙は、最後にこう締めくくる。

<私たちが「UX」と呼ぶ、あなたの経験と思いこそが鍵であり、

「誰もが生きやすい社会」「自分の人生を自分でデザインできる社会」への布石となります。

お返事、心からお待ちしております。>

 調査期間は、10月31日までの予定。年度内には当事者たちの声を集計、分析し、イベントなどを通じて公表したいという。

 ⇒オンラインでの回答は、⇒ここからアクセスできる。(終了しててできませんでした)

           

           

✅厚労省 ひきこもり対策推進事業 【厚労大臣メッセージ】

✅ひきこもりの状態にある方やそのご家族への支援に向けて(令和元年6月)

川崎市や東京都練馬区の事件など、たいへん痛ましい事件が続いてい ます。

これらの事件において尊い生命を落とされた方とそのご 家族に対し、

心よりお悔やみを申し上げるとともに、被害にあわれた方 の一日も早いご回復を願っています。

これらの事件の発生後、ひきこもりの状態にあるご本人やそのご家族 から、

国、自治体そして支援団体に不安の声が多く寄せられています。

これまでも繰り返し申し上げていますが、安易に事件と「ひきこもり」 の問題を結びつけることは、厳に慎むべきであると考えます。

           

✅ひきこもりの状態にある方やそのご家族は、それぞれ異なる経緯や事 情を抱えています。

生きづらさと孤立の中で日々葛藤していることに思いを寄せながら、時間をかけて寄り添う支援が必要です。

誰にとっても、安心して過ごせる場所や、

           

✅自らの役割を感じられる機会があることが、生きていくための基盤になります。

ひきこもりの状態 にある方やそのご家族にとっても、

そうした場所や機会を得て、積み重ねることが、社会とのつながりを回復する道になります。

また、ひきこもりの状態にある方を含む、

生きづらさを抱えている方々をしっかりと受けとめる社会をつくっていかなければならないという決意を新たにしました。

           

✅まずは、より相談しやすい体制を整備するとともに、

安心して過ごせる場所や自らの役割を感じられる機会をつくるために、

ひきこもりの状態にある方やそのご家族の声も聞きながら施策を進めていきます。

そして、より質の高い支援ができる人材も増やしていきます。

ひきこもりの状態にある方やそのご家族は、

悩みや苦しみを抱え込む前に、

           

✅生活困窮者支援の相談窓口やひきこもり地域支援センター、

また、 ひきこもり状態にある方が集う団体や家族会の扉をぜひ叩いて下さい。

国民の皆様におかれましては、

あらゆる方々が孤立することなく、

役割をもちながら、ともに暮らすことができる、

真に力強い「地域共生社会」の実現に向けて、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和元年6月26日  厚生労働大臣 根本 匠

           

           

✅「ひきこもりUX会議」は、

不登校、ひきこもり、発達障がい、セクシュアル・マイノリティの当事者・経験者らで立ち上げたクリエイティブチームです。

           

✅東京・渋谷区で行われた集会。その名も「ひきこもり女子会」です。

孤立する女性たちを支えようと、ひきこもりを経験した女性たちが定期的に開いています。

           

           

⇒✅人類への贈与。

生き方のアドバイス。

           

✅欠点、障害を持って生き抜くとどうなるか知ってますか?

⇒🅾はい。


⇒🅾いいえ。

           

✅苦手な相手や怖い相手でも向かっていけますか?

⇒🅾はい。


⇒🅾いいえ。

           

✅ブッダの意志を継ぐ。
⇒憎しみの実用化一覧。

           

✅絶体絶命からの対策・解決策一覧。
やれることはやってますか?
⇒🅾はい。
⇒🅾いいえ。

           

✅やれることやってからくたばれ。
⇒生活困窮者は遠慮しないで泣きつけ!支援。NPO一覧。

           

地球上の、日本という島国の、関東という地域に住む
ある人間の行動記録です。
⇒✅現在進行形の実践記。

           

           

✅対策モール。

人類補完機構。不登校ひきこもり対策のアドモール。

人類補完機構。障害者の就職・転職対策のアドモール。

人類補完機構。障害と生きていく対策のアドモール。

人類補完機構。障害者の権利や恋愛対策のアドモール。

人類補完機構。ネオ・対策モール。

           

           

✅人類補完機構。

憎しみが人を動かす。

人類補完事例一覧。

トップ。人類補完機構。モールトップ一覧。

           

           

人類補完機構。生活困窮者支援。①

補完機構。生活困窮者支援。②

人類補完機構。生活困窮者支援。③

人類補完機構。生活困窮者支援。④

人類補完機構。生活困窮者支援。⑤

人類補完機構。生活困窮者支援。⑥

人類補完機構。生活困窮者支援。⑦

           

           

作成者: kitui

ウェブセールスコピーに乗せられて
手を出してはうまくいかないを繰り返して

借金作って返済にヒーヒー言ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。