カテゴリー
つらい、苦しい 脱毛

「 笑わないから痛むんですよ」 「痛いから笑えないんです」

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

「 笑わないから痛むんですよ」 「痛いから笑えないんです」

体になんらかの痛みを抱えた人は、
必ずと言っていいほど「痛いから笑えない」とおっしゃいます。

大阪での講演会のあと、五十代半ばの男性から
「リュウマチで三十年、
痛みがとれずにいます。
どうしたらいいでしようか」と質問を受けました。

「講演会で、あなたは笑いませんでしたね。
笑わないから痛むんですよ」

「痛いから笑えないんです」

何度か繰り返したあと、大阪での講演会でしたので、
「大阪にお住まいですか?」
と質問しました。すると、
「はい、大阪に住んでいます」
という答えが返ってきました。

「そうですか。じつは、痛みから遠ざかる方法が二つあるんですよ。
ひとつは先ほどもお伝えした、笑うこと。
もうひとつは、空港に行って、札幌や沖縄、海外などに行くことです」

「なんですか?それは」

「伊丹(大阪空港)から遠ざかるということです」

「そうですか·….,」

この話をしたところ、男性はニコリともせずに帰っていきました。

その三力月後、再び大阪で講演会が開催されることに。
前回質問した男性がうれしそうに近づいてきて、
次のように話しかけてきました。

「三カ月前の講演会のときに、
伊丹から遠ざかるという話を聞いた者です。
そのあと、実際にやってみました」

「どこかに行くついでにやってみたのですか」

「 いえ、正観さんから教えていただいたので、伊丹から遠ざかることだけを考えて乗りました」

「言いましたけど、、、、、まさか、本当にやってみるとは、、、」

本人が言うには、空港に近づくにしたがって、
あまりにバカバカしくなり、笑いがこみあげてきたそうです。

自分のことを、バカなことやってるけれど、とってもいいやつだなと思い、
とてもいとおしくなったということでした。

離陸してシートベルトを外すというときに、
気がつくと痛みがなくなっていたそうです。

人間の体は、痛くないところが痛くなると、
「今、痛くなった(痛み出した)」ということがわかります。

しかし、もともと痛かったところから痛みがなくなるときには、
いつ痛みが消えたのかわからないようです。

そして、飛行機に乗った日から痛みがない状態が続いているとのこと。


これまで何十回とこの話をしてきましたが、
実際にやった人はこの男性が初めてでした。

まさか、本当にやる人がいるとは思ってもいませんでしたが、
いまのところ、
一分の一、成功率100%です。
引用元
脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論

痛みから逃れるために
馬鹿なことをやって
うきうきわくわくを生み出してみる。

(「正解するカド」 Shindou x Saraka kiss scene)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

(「キンクコング」エンパイアステートビルの空中戦。ナオミワッツとの別れ。)

(エヴァンゲリオン ダミーシステムの暴走でトウジのエヴアを喰らうシーン)

(エヴァンゲリオン 序 [ラミエルシーン集])

( ゴジラvsパシフィック・リムetcパート2 お、おもしろい!)

メンズモデルの為に開発されました。

既に海外ではその実力が大絶賛されています。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


健康と医療ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト


カテゴリー
つらい、苦しい ヘルニア

死んだほうが楽なときに、生きるのも楽になる方法。

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

死んだほうが楽なときに、楽しみをひねり出して平然と生きる。

人口透析するくらいなら死んでしまうほうがいいと
医師たちに公然と言っていた頃、
私のところに届いた言葉がありました。正岡子親の言葉です。

「悟りとは、平気で死ぬことではなく、平気で生きることである」というものでした。

いつでも死んでいい、いつでも死ねる、
生きることに執着はない。とは、
ある程度勉強した人にとってはそういう気持ちになれるものです。
私もその程度のことは言っていました。
正岡子規の言葉は、
そういうタイミングで届けられてきたのです。

「悟りとは、平気で死ぬことではなく、平気で生きることである」
つベこべ言わないで平然と生きること。
淡々と生きること。
それが悟りである。

このひと言にはすごみがあります。
それがドーンと響きました。

正岡子規は単に身体が悪かったとか、
数値が悪かったとかいうレベルではあリません。
脊椎カリエスという、
肺結核の結核菌が
背中から脊髓に人り込んで骨に穴を開け、骨から膿がしみ出てくる。
すさまじい激痛をともなう病状だったのです。

腰から下がまったく動かせなくなって立ち上がることもできず、
ずっと這うような生活をしていました。
朝になると痛みで目が覚め、
毎日何とかしてくれと叫ぶありさまです。
大声で泣く、痛くて痛くて、助けてくれと絶叫する、
そんな猛烈な痛みに責めさいなまれながら、
絞り出すようにして出てきた言葉です。
だから、このひと言はすごい。

こんな文章があります。

「床に寝て、身動きの出来る問は、
敢て病気を辛しとも思わず、平気で寝転んで居ったが、
この頃のやうに、身動きが出来なくなっては、
精神の煩悶を起して、
殆ど毎日気違のやうに苦しみをする。

この苦しみを受けまいと思ふて、
色々に工夫して、あるいは動かぬ体を無理に動かして見る。
いよいよ煩悶する。

頭がムシヤクシヤとなる。
もはやたまらんので、こらヘにこらヘた袋の緒は切れて、遂に破裂する。

もうかうなると駄目である。
絶叫。号泣。ますます絶叫す。ますます号泣する。
その苦その痛何とも形容することが出来ない。

むしろ真の狂人となってしまえば楽であろうと思ふけれどそれも出来ぬ。
もし死ぬることが出来ればそれは何よりも望むところである。
しかし死ぬることも出来ねば殺してくれるものもない。

一日の苦しみは夜に入ってやうやう減じ
僅かに眠気さしたる時にその日の苦痛が終わると共に
はや翌朝寝起の苦痛が思ひやられる。
寝起ほど苦しい時はないのである。

誰かこの苦を助けてくれるものはあるまいか。
誰かこの苦を助けてくれるものはあるまいか。
(正岡子規「病体六尺」)

その言葉を目にして、
「そうか、現役で死ぬというのは、まだまだだな」と私は思い直しました。

生きることに執着はないし、死ぬことは平気ですが、
平気で生きるというのは、そんなにわかっている話ではなかったのです。

本当にわかった人は、何があっても平然と生きる。
だからつベこベ、うだうだ言わない。
何があっても平然と生きていく。
それが本当の悟りだと子規は言うのです。

これは、病の当事者である私にものすごく響きました。
私が健康だったら、正岡子規の言葉が永久にわからなかった。

自分が死んだほうがいいという状況に置かれたときに、
本当に勇気のある生き方というのは、
いつ死んでもいいと思うことではなく、
平然と、ヘっちゃらけで生きることである、というのです。

この正岡子規の言葉が、そういう状況の私のところに届いたのも、
本当にすごいタイミングでした。ギリギリのところです。

あのとき私が、
人工透析なんていうものは受けない、
死んでしまってもいい。
そういう選択をしなかったのは、
やはり
その言葉が大きな支えになっています。
引用元
淡々と生きる

生きるのが苦痛で
つらくて大変なとき、
その中に
うきうきわくわくできるものを
ひねり出せば
楽になる。
(「正解するカド」 Shindou x Saraka kiss scene)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

(初号機が使徒を喰って、拘束具が外れる。TV版)

(「初号機が使徒を喰って、拘束具が外れる。TV版」が映画版ではこうなった。)

(欅坂46 『語るなら未来を・・・』)

(欅坂46 『世界には愛しかない』)

整形外科で、治らないとか手術しかないと診断されませんでしたか?

こんなに簡単に治療できました。本当に良かった。助かったと正直思いました。

こちらからもお届けします。
友だち追加

アンテナサイト


健康と医療ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト