カテゴリー
感染 感染対策 新型コロナ

✅感染対策のアドモール。

           

生活困窮者自立支援制度

           

トップ。人類補完機構 ネオ。障害事例一覧。

✅やれることはやっておく。
⇒絶体絶命からの対策・解決策一覧。

           

           

✅感染対策のアドモール。

あなたは新型コロナが終息するまで生き残れると思いますか?

           

           

✅新型コロナに感染した。3日で治す方法。

           

✅(呼びかけ)
新型コロナに感染した。3日で治す方法。
1、発熱が始まったら熱を下げない。
2、食べる量を減らす。食べないほうがいい。
3、横になる。
4、脱水にならない。
動物が体調悪い時にやってることをマネするんです。

           

           

✅笑いヨガの効能。

           

✅(呼びかけ)
・ストレス軽減のため。
・NK細胞を活性して免疫力を向上するため。
お~い!笑いヨガやろう。
ハハハハハハッて息を吐ききります。
バチバチバチバチッて思いっきり拍手。
自虐の快感です。

           

           

✅新型コロナウイルスに関するおよそ20万本の論文をAIに学習させて分析するプロジェクト。

           

✅NHKは、2020年11月初めまでに世界中で公表された

新型コロナウイルスに関する英語の論文、およそ20万本をAIに学習させて分析するプロジェクトを進めてきました。

その結果、新型コロナウイルスに感染した際の症状は、

肺炎や発熱などのほかにも味覚障害やドライアイ、それにじんましんなど、

全身で少なくとも116種類が報告されていることが分かりました。

中でも、論文での報告が多かったのはめまいや記憶障害、それに幻覚など脳や神経に関する症状で、30種類余りありました。

このうちイギリスのグループの論文では、重症患者の脳の画像を分析した結果、

呼吸や睡眠などをつかさどる「脳幹」という部分に炎症が起きていたと報告されていました。

国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの長谷川秀樹センター長は

「感染症の二次的な症状で、これほど種類が多いのはあまり聞いたことがない」と話しています。

           

           

✅コロナ禍の現状や解明されつつあるそのメカニズムや今後対策。

           

✅コロナ渦中に発表された新型コロナに関する論文を20万本以上AIに読み込ませ、

その関連性や相関、影響力などを分析することで、

コロナ禍の現状や解明されつつあるそのメカニズムや今後対策などを、大局的につかみました。

           

✅①この冬、日本でも感染者は急増する可能性がある。

・乾燥や低温は、付着したウイルスの生存時間を大幅に伸ばし、感染拡大の要因となる。

・ゆえに、春〜夏の対策とは別のケアが必要。

・ビタミンDが、免疫力向上に貢献する可能性があり注目されている。

           

✅②日本やアジアでの感染/死亡者数が欧米より極端に少ない要因がわかってきた。

・「交差免疫」(過去の近い種類のウイルスの感染で獲得できた免疫)が、新型コロナにも抑制力をもつ可能性がある。

・過去に季節性コロナ(流行性感冒)にかかった経験がある人は、重症化率が大幅に低いという研究論文も。

・日本人の75%が、その交差免疫をもっている可能性があるという研究論文も。

           

✅③マスクは重症化の低減にも効果があるかもしれない。

・マスクをした医療事業者が、していない場合よりも無症状で済む確率が大幅に上がったとの調査研究がある。

・マスクをしていることで微量感染を繰り返し、無症状のまま免疫力を獲得できる可能性があるという論文も。

           

✅④トップ研究者による見解でも、収束予測時期はかなりばらつきがある。

・早い予測で2021年夏頃、21年内、22年と予測する研究者もいる。

・中には23年以降という予測もあり、収束するのではなく季節性のものに移行していくという見方もある。

・鍵はやはり、ワクチンや治療薬がいつ出回るか、またそれがどのくらい効果を発揮するかにある。

           

✅⑤新型コロナは風邪とは違い、やはり怖いウイルスである。

・その特徴は、これまでのコロナウイルスと違い、脳を含めて全身のあらゆる箇所に感染する能力をもつ。

・そのため、症状も人によって異なり、既往症がある人が感染すると危険性が高まる。

・症状が長く続く人は、80%くらいが女性で、平均44歳という調査もある。

           

✅⑥「加湿」と「紫外線」が高いウイルス低減効果をもたらす可能性がある。

・喉の中でウイルスを体外に出そうとする自己防衛機能である「繊毛」が、湿度40~60%で最も活性化する。

・加湿により飛沫が飛びにくくなるのも一因になる。

・マスクは加湿と保温という意味でも効果がある可能性がある。

・波長が222nmの特殊な紫外線が、人体に害が少なくウイルスには効果的だという研究もあり、一部で製品化もされている。

以上はまだその多くが「研究中」で、確定した結論ではない。

しかし、この短期間でこれだけの研究や対策の模索が進んできていることには、正直大きな驚きも感じ、また頼もしくも思える。

           

✅“正しい恐れ方”は既に我々の手中に。

中には、いわゆる昔から言われてきた「風邪対策」に近いものもある。

しかしそれもまた、手洗い・マスクのように「やるべきことをしっかりやる」ことの重要性や、

それ以前から受け継がれてきた先人の知恵がいかに信頼のおけるものかを改めて痛感する。

昔からの言い伝えの正しさ・大切さを、最新の科学が証明したとも言える。

個人的には、ずっと疑問だった「日本やアジアと欧米は、なぜこれほどの差があるのか?」という疑問について、

(まだ確定ではないが)上記②のような原因があるということが解き明かされつつあることが腑に落ちた。

           

           

人工知能研究開発ネットワーク「新型コロナウイルス感染症対策に係る AI を活用した取組」
報告書 2020~「安心・安全で信頼性のある AI の社会実装」に向けて~

           

コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像

           

新型コロナウイルス感染症に関する世界の注目すべき研究開発動向

           

⇒✅人類補完機構。感染対策のアドモール。

           

           

✅人類への贈与。

生き方のアドバイス。

           

✅欠点、障害を持って生き抜くとどうなるか知ってますか?

⇒🅾はい。


⇒🅾いいえ。

           

✅苦手な相手や怖い相手でも向かっていけますか?

⇒🅾はい。


⇒🅾いいえ。

           

✅ブッダの意志を継ぐ。
⇒憎しみの実用化一覧。

           

✅絶体絶命からの対策・解決策一覧。
やれることはやってますか?
⇒🅾はい。
⇒🅾いいえ。

           

✅やれることやってからくたばれ。
⇒生活困窮者は遠慮しないで泣きつけ!支援。NPO一覧。

           

地球上の、日本という島国の、関東という地域に住む
ある人間の行動記録です。
⇒✅現在進行形の実践記。

           

           

✅対策のアドモール。

人類補完機構。避妊対策のアドモール。

人類補完機構。排泄対策のアドモール。

人類補完機構。体臭、口臭対策のアドモール。

人類補完機構。不自由、束縛対策のアドモール。

人類補完機構。不登校ひきこもり対策のアドモール。

人類補完機構。障害者の就職・転職対策のアドモール。

人類補完機構。障害と生きていく対策のアドモール。

人類補完機構。障害者の権利や恋愛対策のアドモール。

人類補完機構。ネオ・対策モール。

           

           

✅人類補完機構。

憎しみが人を動かす。

人類補完事例一覧。

トップ。人類補完機構。モールトップ一覧。

           

           

人類補完機構。生活困窮者支援。①

補完機構。生活困窮者支援。②

人類補完機構。生活困窮者支援。③

人類補完機構。生活困窮者支援。④

人類補完機構。生活困窮者支援。⑤

人類補完機構。生活困窮者支援。⑥

人類補完機構。生活困窮者支援。⑦

           

           

作成者: kitui

ウェブセールスコピーに乗せられて
手を出してはうまくいかないを繰り返して

借金作って返済にヒーヒー言ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。