カテゴリー
アメリカと日本の違い 世間の目 加害者家族 劣等感 罪悪感 被害者

加害者家族は罪悪感より理解しようとしない世間を憎まなきゃだめだ。

⇒疑問、質問、愚痴を匿名でぶちまけてください。
あなたの悩み。言っておきたいこと。言わずに死ねるかってこと。吐き出してください。

           

           

           

✅怖い相手、苦手な相手に向かって行かなきゃだめだ。
↓↓🅾賛成。

↓↓🅾反対。

           

           

           

加害者家族の罪悪感。世間の目。アメリカと日本の違い。

           

1998年にアーカンソー州の高校で銃乱射事件が起きた。

加害者少年の母親に対してアメリカ社会がどのように反応したのか、

           

実名が報道されたことで、母親のもとにはアメリカ全土から手紙や電話が殺到した。
手紙は段ボール2箱に及ぶ数だった。

           

その中身は、加害少年の家族を激励するものばかりだったのだ。

受け取った手紙の内容は何かと訊くと、母親は「全部励ましです」と答えたのだ。

           

「いまあなたの息子さんは一番大切なときなのだから、頻繁に面会に行ってあげてね」

「その子のケアに気を取られすぎて、つらい思いをしている兄弟への目配りが手薄にならないように」

「日曜の教会に集まって、村中であなたたち家族の為に祈っています」等々。

           

当時は、日本では和歌山毒物カレー事件が発生した直後であり、

加害者とその家族が暮らしていた自宅への大量の落書きが取り沙汰されていた頃だった。

           

           

           

掲示板抜粋。

⇒加害者家族は罪悪感より理解しようとしない世間を憎まなきゃだめだ。反論の掲示版。

⇒食品ロス、在庫ロス、無駄、もったいないを難民、生活困窮者につなげなきゃだめだ。企画計画掲示板。

⇒自虐な生き方をしなければいけない。反論の掲示板。

⇒意気地なしでいじめられっ子の自分を変えられないのは憎まないからだ。反論の掲示板。

⇒勇敢、自信満々、反逆精神は憎しみだ。反論の掲示板。

⇒悩みを吐き出さないのは間違ってる。みんなで解決したい掲示版。

⇒障害者の性欲。老人の性欲。子供の性欲を見ないふりするな。反論の掲示板。

⇒誹謗中傷、ヘイトスピーチ、差別、偏見の辛さをみんなで解決したい掲示板。

⇒「キツイをやり過ごすのは意識の使い方」だ。反論の掲示板。

⇒性器や性の違和感は楽しまなきゃダメだ。反論の掲示板。

⇒構想、妄想、物語、企画、計画を持ってなきゃだめだ。妄想の掲示板。

           

           

           

🅾加害者家族は罪悪感より理解しようとしない世間を憎まなきゃだめだ。

           

           

           

           

           

「身内から犯罪者が出ることを他人事とは思えない」

キリスト教への強い信仰をバックボーンに持つ人が多いという宗教的な面や、

凶悪犯罪が多いため、「身内から犯罪者が出ることを他人事とは思えない」というアメリカ社会の現実こそが、

こういう反応の原因なのかもしれない。

 過剰な「加害者家族へのバッシング」は不快だ。

日本の「加害者家族バッシング」は、世界共通ではなく、「常識」でもないのだ、ということは、知っておくべきです。

 ニュースで観ただけの人々が、加害者の家族をバッシングするのも、

「励ましの手紙」を送るのも、

⇒民度云々というより、「自己満足のための方法の違い」なのではという見方もできます。

           

           

           

           

待っていたのは、預けられた養護施設でのいじめだった。

殺人犯の息子という重い十字架を背負うことになった長男を待っていたのは、
預けられた養護施設でのいじめだった。

同じ施設に入所していた少年らから日常的な暴力を受けた。

顔に傷ができれば職員らにいじめが発覚することから主に体を狙われ、生傷が絶えなかった。

「ポイズン(毒)」。いじめを受けていた少年らからこんなあだ名で呼ばれることもあった。

給食のカレーに乾燥剤を入れられ、気付かずに食べておう吐したことも。

⇒何不自由なく暮らしてきた自分の身に、なぜこのようなことが起きているのか、信じられなかった。

           

           

           

           

連絡橋から、娘を連れて飛び降りる。

和歌山市で発生した毒物カレー事件で死刑判決が確定した林眞須美死刑囚(59才)の
長女・久美さん(仮名)が6月9日に亡くなった。

⇒その最期は、関西国際空港へと繋がる連絡橋から、娘を連れて飛び降りるという衝撃的なものだった。

           

           

           

           

顔をしかめて黙り込んでいた捜査員が言いにくそうに答えた。

「おたくの息子さんが、淳君の頭部を持ち帰っていったん天井裏に隠した」

 母親はその場に崩れ落ちそうになり、父親は彼女の身体を支えながら、自分も腰が抜けそうになった。

⇒高台に建つ一軒家から、両親と息子ばかりの5人家族は、その後、まもなく消えている。
 

           

           

           

           

夫はタクシーを待たせたまま急いで家の鍵を開けると、ボストンバックに荷物を詰め込んだ。

まもなく自宅には報道陣が押し寄せる。その前に避難するよう警察から助言されていた。

通帳と数日間の着替えだけを持って、麻衣と夫は繁華街へ向かった。

ふたりは安宿を見つけて駆け込み、娘は夫の実家に避難させた。

           

「〇〇町で起きた通り魔事件、犯人は高校生ーー」。

スマホを見ると、息子の事件がトップニュースになっている。

昨日まで何事もなく暮らしていた自宅の周りには、夥しい数の報道陣が詰めかけていた。

           

インターネットには、あっという間に事件に関する書き込みが溢れ、

すでに夫の会社や娘が通う中学校の情報まで特定されていた。

もう、元の生活には戻れない……、

⇒麻衣がそう感じたとおり、一家が再び自宅に戻る日は来なかった。

           

           

           

           

警察の調べに、息子は”ただ人を刺したかったと供述。

事件の真相を探ろうと、家族の元には報道陣が殺到した。
「何が起きているのかも分からない状況で、24時間体制で自宅の周りを囲まれていた。

私と主人は報道陣の前に立って謝罪をするべきだろうと考えていた。

捜査関係者の方からは”報道陣とはできるだけ接触を持たない方がいい”というお話を頂いて。
娘2人も守らなければいけなかったので…」。

 娘たちのことを第一に考え、両親は引っ越しを決意する。

しかしメディアの姿は、引っ越し先にもあった。
「誰にも伝えていなかったが、常に探されているような感覚というか。外に出ることができなくなった」。

           

ネット上の書き込みが一家を追い詰めた。

「鬼畜!悪魔!人間のクズ!死刑にしろ!!」
「子どもの実名が出せないなら親の名前を出せ!家族も同罪だ!家族の顔もさらせ!」。

家族全員の名前と顔写真、さらに父親は勤務先、娘は学校名まで晒された。

報道との相乗効果のように、「家の中で奇声を上げて」「授業中、同級生に“死ね”と発言していた」など、多くの嘘も溢れた。

           

「自分は、遺族にとって大切な家族を奪ってしまった息子を生んでしまった。

罪を犯す当日まで、この手で育ててきたことに大きな責任を感じる。

⇒自分たち家族が生きていてはダメだろうという考えから、ずっと選択肢がそれしかないという気がしていて…」

           

           

           

           

親にとって、子どもが殺人者になるほどつらい経験はない。

多額の損害賠償を負わなければならない場合もあり、家族が受ける精神的・経済的ダメージは甚大である。

世間からのバッシングや個人情報の暴露は家族を追いつめ、

家族が自殺に至るケースは後を絶たない。

           

アメリカでは、加害者家族自らが声を上げ支援活動を展開してきた。

未成年者による凶悪事件の犯人の親が、テレビの前で顔を出してインタビューを受けたり、

実名による手記を発表することも稀ではない。

           

 銃乱射事件を起こした未成年の犯人の母親がテレビのインタビューに答えたところ、
全米から激励の手紙が届いたという話もある。

手紙の多くは、「息子さんに面会に行ってあげて」
「傷ついた兄弟のケアも忘れずに」といった親としてすべきことを応援する内容だという。
 

           

親に責任がないというつもりはない。しかし、子どもを殺人犯に育てる親などいない。

事件が起きただけで十分に苦しんでおり、

それに追い打ちをかけるように一斉にバッシングし、

⇒追い詰めたからといって事件によって失われた命が戻ってくるわけではない。

           

           

           

           

報道機関が自分たちの役割を主張するだけではなく、抑制的に、時間をかけた取材がもっと必要だ。

何が真実なのか、どういう背景があったのか。警察発表に誤りはないのか。

家族の問題なのか、あるいは社会的問題があって、それらは解決できる問題なのか。
そういったことを問題提起するために報道がある。

メディアは社会の写し鏡でもあるので、テレビは視聴率、雑誌は部数、ネットはPVにつられてしまう。

自分たちは社会を良くしようと思って仕事をしているというプライドを捨ててはいけない。

           

加害者の家族にも人権があるし、犯罪者ではない。
むしろ被害者としての側面もある。

どうすれば加害者家族を社会が暖かく迎え入れ、ちゃんと暮らしていけるようにできるかが、更生にも役立つ。

⇒再犯防止の観点からも、法的な部分でも対策を考えていくことだ。

           

           

           

           

森達也さん

「凶悪事件に対して、多くの人は遺族の悲しみをくみ取って極刑で償わせるべきだといった思いが強くなる。

特にいまの日本の裁判では、すごく批判されることもあるので、社会の望みに応えようとしてしまうが、

本来であれば司法は、そうした社会の願望や思いとは別に、

客観的に検証しながら罪と罰を決めていかなければいけない」

           

「事件の骨格が分かったからといって必ずしも同じ事件を防げるわけではないが、

・少なくともこの要素があったから被告を追い詰めたとか、

・もしこうなってなかったら違う展開になっていたかもしれないと分かれば、

そうした知見を積み重ねることで社会はちょっとずつ進歩するかもしれない。

その機会を提供するために裁判の場っていうのはとても重要だと思います」
⇒https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210802/k10013169661000.html?utm_int=detail_contents_tokushu_003

           

           

           

           

筆者は凶悪事件も含め、200件以上の殺人事件の家族を支援してきた

がその実態は、どこにでもいるごく平凡な家族である。

事件に至った原因は、簡単に結論付けられるようなものではなく、

⇒一歩間違えば、どの家族にも起こりうる。

           

阿部恭子(あべ・きょうこ)
NPO法人World Open Heart理事長。
日本で初めて犯罪加害者家族を対象とした支援組織を設立。

全国の加害者家族からの相談に対応しながら講演や執筆活動を展開。

著書『家族という呪い―加害者と暮らし続けるということ』(幻冬舎新書、2019)、
『息子が人を殺しました―加害者家族の真実』(幻冬舎新書、2017)など。

           

⇒【東洋経済オンライン】「おとなたちには、わからない。」取材申し込みフォーム

           

           

           

           

しがみつくのは間違ってる。自虐が正義だ。

⇒🅾プライド、羞恥心を投げ出さなければいけない。

           

           

   

⇒🅾②あなたが使ってこなかった機能。

勇気は半端な憎しみです。
チャンと憎めば苦手な相手や怖い相手でもスンナリ思いっきり向かっていけます。

           

 

✅人間に備わっている機能を利用します。

           

 
1、憎むという機能を使う。

           

 

 
✅①問題は何か?

           


⇒抵抗も虚しく、快楽に堕とされる彼女。
意気地なしでなかったら問題にはならなかった。

いじめられっ子、 自殺、 引きこもり、 性被害

意気地なしでなかったら被害にあっても抵抗したり反逆したり出来ます。
被害を引きづって人生を狂わす問題にはならなかった。

           


いじめっ子。

いじめられっ子。

(この野郎道連れにしてやる)憎しみ爆発。

あらゆる手を使って反撃。

           

🅾勇敢、自信満々、反逆精神は憎しみです。
・勇気は半端な憎しみです。
・自信満々で強気なわけではなく憎しみが溢れてるんです。
・反逆精神は憎しみです。

怖くて手出しできないのは憎しみを使っていないから。

怖いけど勇気を出して向かっていけるのは憎しみが発動しだしたから。

スンナリ思いっきり(勇気なんて思う間もなく)向かっていけるのは
憎しみをガッツリ使っているから。

           

  

           

🅾憎しみを掻き立てるには

・自分を正当化する正義をでっちあげます。
それに反するのは思いっきり否定しまくって憎しみを掻き立てます。

🅾しがみつくのは間違ってる。自虐が正義だ。
↓↓しがみつくのは間違ってる。
→違和感を否定するのは間違ってる。差別しないのが正義だ。→バカなことを否定するのは間違ってる。差別しないのが正義だ。→完璧にしがみつくのは間違ってる。→出来ることにしがみつくのは間違ってる。→安定にしがみつくのは間違ってる。→生にしがみつくのは間違ってる。→楽にしがみつくのは間違ってる。→プライドにしがみつくのは間違ってる。→健康にしがみつくのは間違ってる。→自由にしがみつくのは間違ってる。→

           

           

🅾憎み方、反撃の仕方のストーリー、企画、計画を用意しておく。
→カウンセリングやってます、悩みを聞かせてください、悩みはないんですか?→善意の押し売り。→
→メタクソにやられるが少しだったが傷を負わせることが出来た。→
→殴るマネして寸止め。→逆にやられてのされる。→頭から突進してかわされる。→
→やられてもやられても起き上がり向かっていくあしたのジョー、クールハンドルーク。
→やられてとうとう力尽きて動けなくなる。→別の日にまた向かっていく。やられる。→別の日にまた向かっていく。→
→ギャーッ。ウワーッ。クソーッ。クソクソッ。この野郎。バカ野郎って喚き散らしまくる。→
→「半沢直樹」のまね。→「24」のジャックバウアーのまね。→「ブラックレイン」の佐藤のまね。→「アンタッチャブル」のカポネのまね。→「ダークナイト」のジョーカーのまね。→「バグジー」のまね。→「フォーリング・ダウン」のまね。→

⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare/

           

           

🅾理不尽。残虐。を連想していく。
↓↓理不尽。残虐。
→ミャンマーの虐殺。→イスラム過激派組織IS・イスラミックステートの虐殺。→中国「裏監獄」→アウシュビッツの虐殺。
→独裁者。→サイコパス。→暴力団。→チンピラ。→テロリスト。→いじめる奴。→威張った奴。→差別する奴してる奴。→サイコパスな奴。→自分優先な奴。→暴力を振るう奴。→

クリック出来ます。

⇒🍑憎たらしい奴見放題。

           

           

 

           

🅾苦手、キツイ状況の人を仲間、同志とみる。
↓↓苦手、キツイ状況の人を仲間、同志とみる。
→「パッション」→ホーキング博士。→ミャンマーの虐殺。→イスラム過激派組織IS・イスラミックステートの虐殺。→中国「裏監獄」→アウシュビッツの虐殺。
→十字架のイエス。→苦行中のブッダ。→サメや蛇やワニに食われる人。→自殺者。→引きこもり。→いじめられっ子。

           

           

 

           

           

 

           

           

 
2、観察力、注意力、イメージ力、記憶力を利用する。

           

 
🅾困難、辛い、キツイ、最悪の事態を やり過ごして 普通のあたりまえにしてしまう方法。

足が折れた。

ギャーッ

(その時ゾンビが襲ってきた)ヤベ~ッ逃げろっ

足折れてんのに忘れてた。

キツイ(感情)、痛い(神経)に向いてる機能を
意識を使う機能(前頭前野)を使うことで遮断する。

・何が起こっているのか、何をやっているのか実況中継してみる。説明してみる。

・何が起こっているのか、何をやっているのかを 絵、音、音楽、図、記号、落書き でイメージ、表現してみる。

・何が起こっているのか、何をやっているのかを 比喩、短歌、俳句、詩にしてみる。

右かかとを上げると同時に左ひざを上げてつま先まで天に向かって蹴り上げる。またかかとを上げて…

まるで、例えばサッカーボールを天めがけて蹴って飛ばすみたいに・・・

→人間サンドバックにされる。 →人間オナホールにされていたぶられる。 →虫けらのように →ドブネズミみたいに

人間はリアリティを直接体験するのではなく
心像化(過去の経験や記憶などから、具体的に心の中に思い浮かべたもの)を通して体験する。

意識(前頭前野)を使ってキツイ(感情)、痛い(神経)を遮断する。

今のキツイを言葉や文字にしてみる。実況中継してみる。
今のキツイを言葉や文字にしてみる。実況中継してみる。
・病気 息が苦しい。肺に空気がちゃんと入って行かない感じ。
・拷問 指をハサミで挟まれた。ザキンッて音がして骨もろとも切られて、指が飛んで転がった。

⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare-5/

1、・思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリー、計画に意識がいってると 時間の流れはあやふやか、早くなる。
  ・体に意識がいってると 時間はキッチリ流れるか、遅くなる。

2、キツイときは思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリー、計画に意識を使うとやり過ごせる。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare-5/

無我夢中になれる単調なストーリー、企画、計画に意識を向ける。

ズ~ッと続くシーン、延々と繰り返すシーンをいくつか用意してローテーションを組む。

音楽の気に入ったフレーズをエンドレスで。というのをいくつか用意してローテーションを組む。

→咲雪華奈フェラチオ地獄。AV女優の頭抑えて延々とやらせ続けるシリーズ。
→咲雪華奈フェラチオ地獄。ニューハーフの頭抑えて延々とやらせ続けるシリーズ。
→咲雪華奈フェラチオ地獄。ニューハーフに頭抑えられて延々とやらされ続けるシリーズ。
→咲雪華奈駅弁地獄。ニューハーフを延々と駅弁し続けるシリーズ。
→咲雪華奈駅弁地獄。ニューハーフに延々と駅弁され続けるシリーズ。
→咲雪華奈座りバック地獄。ニューハーフを延々と座りバックし続けるシリーズ。
→咲雪華奈座りバック地獄。ニューハーフに延々と座りバックされ続けるシリーズ。

→ジェットコースターが延々と落下していく。
→スケートボードで延々と坂を滑走していく。
→ウオータースライダーで延々と滑走していく。
→スノボーで延々と滑走していく。
→サーフボードで波のトンネルを延々とくぐっていく。
→サイコパスがチェーンソー振り回して延々と追っかけてくる。

→「ボヘミアンラプソディ」→「ウィ・ウィル・ロック・ユー」→「伝説のチャンピオン」→「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」
→「ボレロ」→ワーグナー「ワルキューレの騎行」→ラフマニノフ「アンダンテ・カンタービレ」→「美しく青きドナウ」→「禿山の一夜」
→「ロッキー」→「ブレードランナー」→「荒野の七人」→「大脱走」→「北北西に進路を取れ」→「サイコ」

⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare/

🅾思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリーや計画(を用意しておいて)に意識を向ける。
↓↓思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリーや計画(を用意しておいて)に意識を向ける。
咲雪華奈が働く店行って店の人と本人に映像制作の交渉する。
気持ちが高まって興奮度マックスになってヌケル動画って
ちょっと強引にガンガン激しくやってるシーンなんです。
みんながすぐイケるわけではないので30分延々とその1つの激しいシーンを映し続けるのがいいです。
やりながら動くのはいいが、

ガンガン激しくやってるのを緩める、止まる、休む、別の動きを挟む

なんてすると気持ちが高まって興奮度マックスに近かったのが下降してしまいます。

・頭抑えつけられてくわえさせられてガンガン突かれる30分。
・セックスでガンガン突かれる30分。
・セックスでガンガン突きまくる30分。
30分間ノンストップでやり続けるのはキツかったら休憩入れながら撮ります。編集で繋げます。
5分の撮影でも6台のカメラで6つのアングルからとれば30分のシーンが出来上がります。
1台のカメラで5分の撮影を6つのアングルから繰り返し撮れば30分のシーンが出来上がります。
売り上げは折半で 入金があったらその都度口座に振り込みます。

⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare/

🅾なんでもいいから連想をやります。あらかじめ連想の流れを用意しておくとやりやすいです。
↓↓なんでもいいから連想をやります。あらかじめ連想の流れを用意しておくとやりやすいです。
・木→林→森→山→夏山→冬山→富士山→アルプス→キリマンジャロ→エベレスト→ロッククライミング→雪崩→

・カエル→アマガエル→オタマジャクシ→ゲロゲロ→ドジョウ→メダカ→ザリガニ→ゲンゴロウ→ミジンコ→

・ひまわり。→桜。→チューリップ。→ハナミズキ。→ヒメジョオン→タンポポ。→

・「ボヘミアンラプソディ」→「ウィ・ウィル・ロック・ユー」→「伝説のチャンピオン」→「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」→

・「ボレロ」→ワーグナー「ワルキューレの騎行」→ラフマニノフ「アンダンテ・カンタービレ」→「美しく青きドナウ」→「禿山の一夜」→

・男→女→一条みお麻里梨夏シーメール咲雪華奈→猫→犬→馬→熊→ライオン→トラ→チーター→ゾウ→キリン→クジラ→シャチ→サメ→イルカ→

・シーメールのあの顔、表情、あのシーン。→「未知との遭遇」のあのシーン。→「ローマの休日」のあのシーン。→「タイタニック」のあのシーン。→「クールハンドルーク」のあのシーン。→「大脱走」のあのシーン。→「ゴッドファーザーパートII」のあのシーン。→「24」のあのシーン。→「ジャイアンツ」のジェットリンクのシーン。→「エンジェルハート」のあのシーン。→「フィールドオブドリームス」のあのシーン。→「ゼログラビティ」のあのシーン。→「世界侵略ロサンゼルス決戦」のあのシーン。→「プライベートライアン」のあのシーン。→

クリック出来ます。


⇒🍑 舞野あいか(咲雪華奈)を好きなだけ見るコツ。

1、・思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリー、計画に意識がいってると 時間の流れはあやふやか、早くなる。

・体に意識がいってると 時間はキッチリ流れるか、遅くなる。

2、キツイときは思考とイメージが絡み合った(イメージを言葉や文字にしてみる)ストーリー、計画に意識を使うとやり過ごせる。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/nagare-5/

           

           

 

           

           


・性被害者が自虐で乗り越えていく。自虐で自らを治療していく。(エクスポージャー療法)

ゾゾゾッ
被害妄想。
風俗に手を染める。クリック出来ます。

意識が変わった。


⇒🍑辛いこと、苦しいことの苦手意識から脱却、解放される科学的に根拠のある治療法が、
「持続エクスポージャー(PE)療法」です。

エクスポージャー療法とは

恐怖や不安の原因になる刺激や状況に段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく方法。
⇒主に恐怖症や不安障害などに用いられる行動療法です。

           

           

⇒段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく。

           

           

⇒🍑生き物はその痛みや苦痛が長時間継続する場合
その痛みそのものを緩和する物質を
神経麻薬として生成する機能も作り上げてきました。

身体は自らモルヒネのような鎮痛物質を作り出すのです。

脳内麻薬はドーパミン神経も活性化します。
脳内に分泌されたドーパミンは恍惚感と多幸感を演出します。
⇒人に快楽の感覚をもたらします。

           

⇒🅾最初は痛みと恐怖でしかなかった感覚が刺激の増加とともに
脳内麻薬の分泌を増やしていきやがて大量のドーパミン照射となり
最初は軽度の快感が
オーガズムの強い快感へと変わっていくのです。

↑↑マゾヒストの快感へ。 

           

           

           

           

女子が山羊を投げる

           

⇒🍑エクスポージャー療法として利用するアイテム。

           

⇒🍑女性のためのセックストイ通販。

⇒🅾アダルトグッズ(男性用セックストイ)購入サイト。

⇒🍑ランジェリーで別人になる。

⇒🍑イッちゃう動画。

⇒🍑イッちゃう動画を好きなだけ見るコツ。

⇒🍑SMにハマる。 

⇒🍑ライブチャットでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑出会い系サイトでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑コスプレで別人になる。

⇒🍑コスプレ動画を好きなだけ見るコツ。

           

           

           

           

           

           

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

           

↓↓↓今すぐ見てください。あなたの人生(またはあなたの大切な人の人生)がかかっているかもしれません。

⇒🅾エクスポージャー療法。その1.

⇒🅾エクスポージャー療法。その2.

⇒✅エクスポージャー療法見放題。

           

           

                                  

                                  

⇒✅人類への贈与。

生き方のアドバイス。

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅地球上には自殺したいほど苦しい状況 が溢れています。

⇒🅾状況を変えられないのなら適応しちゃえばいい。

           

           

以上
加害者家族は罪悪感より理解しようとしない世間を憎まなきゃだめだ。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

           

           

           

           

作成者: kitui

ウェブセールスコピーに乗せられて
手を出してはうまくいかないを繰り返して

借金作って返済にヒーヒー言ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。