虫の知らせ

野生動物が天変地異で事前に避難する行為をどう捉えるか?「第六感」とか、「虫の知らせ」と呼ばれるのは、脳の無意識の情報処理の結果なのか? #虫の知らせ

事故や病気で不慮の死を遂げた人が、

なぜか直前に、世話になった人たちの元を訪れたという話は多い。

宮城県在住のIさん(83歳)は5年前、千葉県で暮す長男がひょっこり帰省した時のことが忘れられないと言います。

長男はかつて不良少年だったため、Iさんは顔を見れば小言をいうのが癖になっていました。

一方長男も、既に結婚し、いい歳であったにもかかわらず、

母親であるIさんに対してだけはつい反発してしまうところがあったので、

「久々の帰省」はいつも大喧嘩になり、

「二度と敷居をまたがせない」

「上等だ! こんな家もう絶対帰ってこないからな」となるのがオチでした。

「ちょっと時間が出来たからさ。お袋元気かなぁと思って」

照れくさそうに笑うと、出前の寿司をつまみ、

母と同居している弟と酒を酌み交わし、終始ご機嫌で過ごしました。

翌朝は「やっぱりお袋の味噌汁は最高だよ」と、美味そうに朝食の味噌汁をおかわりし、

その後は半日、愛車にIさんを乗せて紅葉ドライブを満喫。

「じゃあ元気で」と笑顔で別れを告げたのでした。

そして1ヶ月後、長男は心不全を起こして職場で倒れ、

緊急搬送されたまま、帰らぬ人となった。享年55歳だった。

「今思えば、息子はお別れに来てくれたんじゃないかと。虫の知らせだったんじゃないかと思うんです」

地元・楽天の優勝に、手を叩いて歓喜する長男の様子を思い出し、Iさんは涙をぬぐいました。

事故や病気で不慮の死を遂げた人が、

なぜか直前に、世話になった人たちの元を訪れたという話は多いのです。

一方で、逆パターンもよく聞きます。

死を察知する能力

都内に本社を置く、美容系メーカーの会長職にあるTさん(76歳)は、父親が亡くなった日のことを、鮮明に覚えています。

「僕は20歳でした。当時は、大学の友達の家を泊まり歩く毎日だったのですが、

その日、急にたまには家に帰ってみるかと思ったんです。

妙な胸騒ぎがしまして、帰らないといけない気がしたんですね。

それで帰ってみると、家の前に救急車が泊まっていて、親父が搬送されるところでした。

突っ立っていると、玄関から兄が出てきて『ちょうどいいところに帰って来た。俺は付き添って行くから、留守番を頼む』と。

結局、親父は脳溢血で、その夜死んでしまいましたが、僕は最後に顔を見ることができた。

幽霊とかは全く信じないけど、虫の知らせだけはあると思っています」

大抵の人は、「不思議な偶然」と思うでしょう。

しかし人間には本来、自分や親しい人の死を予知する力が備わっているのではないでしょうか。

いや人間に限らず、

動物は本能的に、死を察知する能力があるのではないでしょうか。

その瞬間を逃さずに亡くなった

ゾウの墓場は都市伝説の類であり、

猫やカラスは、人間には分からない死の臭いを優れた嗅覚で感じ取っているだけ、という説もあります。

僧侶から医師に転身したある医師は次のように語っていました。

「私が属していた宗派では、悟りを開いた僧侶は、

自分の死期を察知できるようになると聞いたことがあります。

病気ではなく、事故などによる突然死であってもです」

この医師が出会った患者のなかには、

自分が死にたいと思った時に、きっちり亡くなった人もいたといいます。

「その患者さんは、『誰にも看取られずに独りぼっちで逝きたい』と常々おっしゃっていました。

独自の哲学をお持ちだったのです。

それは看護体制が整っている病院ではなかなか難しいことですが、

患者さんは面会の家族が帰って、看護師と私が一瞬病室を空けた隙に、臨終されました。

死に顔は非常に安らかで、

私には、患者さんがその瞬間を逃さずに亡くなったとしか思えませんでした」

医療や介護の現場では「お迎え現象」がよく知られています。

それにしてもなぜ、このような能力が備わる必要があったのでしょうか。

人間に限っていえば、

「死への心構え」

「死に対する恐怖を和らげるため」というのがあるように思います。

たとえば医療や介護の現場では「お迎え現象」がよく知られています。

お迎え現象とは、死の間際に亡くなった人々が枕元に立ち、あの世への道案内をしてくれるというものです。

2008年には、医師と社会学者らによる学術的な研究調査の論文が公表され、話題になりました。

調査の中心人物は、宮城県で在宅ケアの医療法人「爽秋会」を主宰していた医師の岡部健氏(2012年にがんで死去)でした。

ある時、岡部氏は死期が近づくと、多くの患者が「お迎えが来た」と話すことに気がつきました。

そして、そうした人々の多くが死の恐怖が和らぎ、

穏やかに旅立っていることに注目し、

2007年、仲間の医師や母校の東北大学の社会学者らと一緒に、

これまで看取った700人近くの患者の遺族に

「(亡くなった)患者が、他人には見えない人の存在や風景について語ったり、感じていたりした様子はなかったか」を尋ねる、アンケート調査を行ったのです。

すると、366人の遺族から回答が寄せられ、

そのうちの42.3%が「亡くなる前に『お迎え現象』があった」と答えたといいます。

さらに、お迎え現象が起こるのは「自宅」が87.1%で圧倒的に多く、

「病院は」わずか5.2%。

亡くなる数日前が一番多く43.9%で、

ほとんどの人はお迎えが来てから1~2週間以内に旅立っていました。

興味深いのは患者の反応で、

お迎えが来ても「怖い」と思った人は少なかったようで、

お迎え後の故人の様子を尋ねると、

「普段どおりだった」

「落ち着いたようだった」

「安心したようだった」などの肯定的な回答が45.8%。

「不安そうだった」「悲しそうだった」などの否定的な回答36.8%を上回っていた。

また、お迎えに来た相手は、

「亡くなっている家族や友人」が52.9%と多く、飼っていたイヌやネコが現れるケースもありました。

そして、お迎えが来た人の約9割が穏やかに旅立っていました。

こうしたお迎え現象は、医学的には「せん妄」と診断され、脳の機能低下が主な原因と考えられています。

しかしせん妄の特徴は、突然発症し、数時間から数週間にわたって継続し、

かつ症状が時間とともに変化するというものです。

その症状も、突然暴れ出す、意味不明なことを口走る、妄想・幻覚・幻聴、攻撃的になるなどで、

お迎え現象とは似て非なるもののような気がします。

実際に、介護現場で働き、せん妄の患者に寄り添うことが多い施設の職員は、

「せん妄の方は、恐怖におびえて苦痛を訴え、話す内容も混乱しています。

でも、お迎えが来たとおっしゃる患者さんは、意識ははっきりしておりストーリーもきちんとしています」と違いを語っています。

症状がひどい場合は治療の対象にもなる「せん妄」も「お迎え現象」も、原因は明確にされていません。

岡部氏は「この現象を科学的に解明したり否定したりするのではなく、

安らかに旅立つ死へのプロセスと考え、まず実態を調べるべきだ」と主張していました。

お迎えと似た現象は、認知症の一種であるレビー小体型認知症でも見られる。

「小さな子どもが家のなかで遊んでいる」

「戦死した夫がやってきた」

「知らない男性がたくさんいる」など、幻視がかなりはっきりと見える。

頭の後ろ側(後頭葉)の血流が悪くなることが原因と説明されているが、患者本人にとっては「現実」そのものです。

それなのに、家族が気持ち悪がって否定することで、家族間の関係が悪くなるケースが多いといわれています。

まずは「本当に見えている」ことを理解し、否定せず、受け入れることが大切です。

生涯が、走馬灯のようにかけめぐる

SF作家の故・星新一氏の傑作に『午後の恐竜』(新潮社)という作品があります。

「現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か? 集団幻覚か? それとも立体テレビの放映でも始まったのか?──」

というわけで世間は驚き、大騒ぎになるのだが、恐竜は蜃気楼でも幻覚でもなく、

「地球」が「死ぬ間際」に、走馬灯のようにかけめぐっていた「生涯」だったのです。

ある人の父親は、病気で亡くなる一ヶ月前、「幻聴」を走馬灯のように楽しんでいました。

その人は病気の影響で耳がほとんど聞こえていなかったのですが。

「面白いんだ、この頃。小さい頃から聞いてきた会話や音楽や、さまざまな音が、ずーっと蘇って聴こえてくる。

だからこうしてベッドに寝たきりでも、全然退屈しないんだ」と微笑んでました。

地球はどうか知りませんが、

人間には、死を穏やかに受け入れるための準備的な能力が備わっているのでしょう。

「第六感」とか、「虫の知らせ」と呼ばれるのは、脳の無意識の情報処理の結果

脳は、もともと、環境について統計的な推理をしています。

確実にわかるわけではない場合にも、生きる上で必要な情報を拾ってくるのです。

出張先で、どの店に入ろうかとあれこれと探しているときも、結局は統計的な推理をしています。

このような店構えのレストランでは、こんなサービスを受けられるだろうと、

過去の経験というデータに照らして、推測しているのです。

人間の脳は、大量の言葉にできない情報を得て、そこから推理をしています。

「第六感」とか、「虫の知らせ」と呼ばれるのは、このような脳の無意識の情報処理の結果です。

感性を研ぎ澄まし、推理するという経験を積み重ねると、

常人では想像できないような感知能力を持つようになることもあります。

例えば、店の販売員が、客が入ってきた瞬間に、何を買うか直感的にわかってしまう、という場合です。

マジックやトリックを仕掛ける「メンタリスト」の世界では、

客の微妙な動きや表情を通して、さまざまなことを読み取ります。

意識的に行われる場合もありますが、無意識に読み取ってしまうこともあります。

相手の様子からさまざまなことを探る「コールド・リーディング」

あまりにも見事に読み取れるようになったため、

自身が特別な能力を持っていると信じてしまう場合、そんなメンタリストを「シャットアイ」と言います。

実際には相手に関する情報から推測しているのに、そのことに自分で気づかなくなってしまうのです。

『第三の男』などの映画での演技で知られ、また監督としても『市民ケーン』などの名作を撮った俳優のオーソン・ウェルズが、

「シャットアイ」について興味深い証言をしている。

ウェルズは、ステージ・マジシャンに、相手の様子からさまざまなことを探る「コールド・リーディング」の手ほどきを受けました。

あるとき、女性が部屋の中に入ってきた瞬間に、彼女の夫が最近亡くなったのではないかとピンときて、そう言ったら実際に当たっていたのだといいます。

コールド・リーディングの訓練を重ねるうちに、ちょっとした仕草や服装から、相手のことがわかるようになったのだろうと、ウェルズは言います。

オーソン・ウェルズの域にまでいかなくても、私たちは多かれ少なかれ、相手の振るまいから統計的な推測を重ねています。

データ解析のためのコンピュータの助けを借りなくても、脳の中にはもともと「勘ピュータ」があるのです。

ある日本在住のイタリア人のナンパ師は、長年の経験から、声をかけて成功するのは、手に複数の指輪をしている女性であるということに気づいたのだと言います。

そのような女性は、自分の魅力をアピールしたいという気持ちがあるからだそうです。

ナンパはともかく、人間観察は、円滑なコミュニケーションの最大のポイントです。

ビジネスにおいても、人生においても、1番大切なことの1つは「人間」を知ることです。

どんなにデジタルのデータを積み重ねても、生身の人間に向き合うことからくる実感には敵わないのです。

野生動物が天変地異で事前に避難する行為をどう捉えるか?

根拠とまではいかなくても、何かしらあるとは思っています。

私たちはまだこの世界を知りません。

自分たちの身体や脳もよくわかってはいない。

遠くにいる大切な人の何かを感じる可能性はあるとだけ言える。無いと言い切れるほど世界の仕組みを知れていません。

あと距離もそうなんですが空間などは、現在の高校生レベルを超えたら一気に違う教え方になります。

量子の話など加わるともはやテレパシーもあると思ってます。

脳も細胞も現在わかっている最少単位までいけばわけがわからない。

距離や空間の考え方、

それに脳ってものが同じような構造をした他人の脳から

何かの信号を受信や発信してる可能性も普通にあると思います。

なので、大切な人の何かに反応することもあると思います。

距離や時間や空間があまりにとんでもないので

考慮する必要がないほど何か感じることはあると思います。

量子プロセスの影響か?時間対称性の影響か?

 PAAの根源的なメカニズムはまだはっきりしていないが、実行可能だが試験が難しいふたつの仮説があります。

 量子プロセスが人間の生理に関与しているか、物理的な世界に固有の基本的な時間対称性を反映しているというものです。

 人間の予知能力の証拠は、ちりぢりになった異質なデータの中にわかりやすい状態で隠れていたということなのでしょうか?

 もちろん、論文の著者はそのやり方を疑問視する懐疑主義者からすでに批判されています。

 だが、この研究は、その正当性が証明されたとどれだけ主張しても、

研究の輪の主流に取り込まれている超常現象研究の大きなトレンドの一部にすぎないようです。

 とはいえ、巨大な学界の象牙の塔が、説明のつかないものにやっと真剣に関心をもつようになったといえるでしょうか? 

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

         

会いに来てくれた。妙な胸騒ぎや落ち着かない気持ち。
 #虫の知らせ
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/04/30/musinosirase/

           

クンダリーニ覚醒で社会生活に支障をきたした。
 #クンダリーニ・ヨガ
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/04/22/kundariniyoga/

           

NURO 光 ご紹介特典管理ページ
で顧客満足度第一位を受賞
と言ってるが
NURO 光には
こんなデメリットがある。
↓ ↓ ↓
http://www.nuro.jp/campaign/rmd/?recomndNo=vme73257

           

あなただから思いつける、世界を救うアイデア募集
↓ ↓ ↓
https://nipponfoundation-billion.jp/

           

           

           

以上
野生動物が天変地異で事前に避難する行為をどう捉えるか?「第六感」とか、「虫の知らせ」と呼ばれるのは、脳の無意識の情報処理の結果なのか? #虫の知らせ
でした。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

世の中はこの世とあの世があって

死んであの世に帰っていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

家族の歴史、家族の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/02/11/kyuusai/


           

           

           

あなたがこの世界を変えていくんです。

↓ ↓ ↓
https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

           

こんなことご存知ですか?詳細はこちらから御覧ください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

           

あんなことやこんなことやってます。
↓ ↓ ↓
Instagram

           

行列が出来る人気店から招待されます。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZGTLI+39VVBU+3YSK+614CX

           

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方

           

           

体と心は使い方がある。

というか
本来こう使ってなきゃいけない。

こういう
体と心の使い方をしていれば

苦しいんじゃないか
辛いんじゃないかってことが

のほほんとやり過ごせる。

           

           

体の使い方 IAP呼吸法

           

           

「肺の下の筋肉」を動かす

「IAP」とはIntra Abdominal Pressureの略で、
日本語に訳すと「腹腔(ふくこう)内圧(腹圧)」。

人間のおなかのなかには「腹腔」と呼ばれる、
胃や肝臓などの内臓を収める空間があり、この腹腔内の圧力が「IAP」。

「IAPが高い(上昇する)」という場合は、
肺に空気がたくさん入って腹腔の上にある横隔膜が下がり、

それに押される形で腹腔が圧縮され、
腹腔内の圧力が高まって
外向きに力がかかっている状態を指します。

           

           

IAP呼吸法とは

息を吸うときも吐くときも、
お腹の中の圧力を高めてお腹周りを固くする呼吸法で、
お腹周りを固くしたまま息を吐ききるのが特徴です。

腹圧呼吸ではおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して(=高IAPを維持)、
おなかまわりを「固く」するということです。

腹腔の圧力が高まることで体の軸、
すなわち体幹と脊柱という「体の中心」が支えられて安定し、
無理のない姿勢を保つことができるわけです。

そうして体の中心を正しい状態でキープすることで、
中枢神経の指令の通りがよくなって

体の各部と脳神経がうまく連携。
そのため、余分な負荷が減るという理論です。

・腹圧が高まることで、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定する

・体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる

・正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる

・中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」(体の各パーツが本来あるべきところにきちんとある状態)になる

・体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる

・無理な動きがなくなると、体のパフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる

           

           

まずは横隔膜に目を向けること

横隔膜は呼吸に関する筋肉で、
肋骨に囲まれているもの。
この横隔膜こそが「IAP呼吸法」のポイント

「横隔膜の可動力」がきわめて重要
胸だけの浅い呼吸をしていると、
肺の下にある横隔膜をあまり動かせないため、
本来上がったり下がったりする横隔膜の動きが悪くなります。

するとおなかに圧力はかかりにくくなり、
体は縮こまり、姿勢が悪くなり、

中枢神経の信号も体の各部に届きにくくなるため、
より疲れやすい体になるわけです。

逆に横隔膜をしっかり下げて息を吸えば、
腹腔が上からプレスされ、
外側に圧力がかかることに。

横隔膜を下げながら息を目一杯吸い、
お腹をパンパンに膨らませたまま息を吐くのが、
自然に腹圧がかかった「腹圧呼吸」。

横隔膜を下げて腹腔内に圧力が生じた結果、
おなかは外側へ膨らみ、
体幹まわりの筋肉が360度ぐるりと伸びることになります。

これが、おなかが大きく固くなる仕組み。

また、「おなかの内側から圧力」がかかると、
それを押し返そうとして
「おなかの外側からの筋力」も働くことになります。

このダブルの力で、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定し、
姿勢が整うということ。

これが、IAPを高めることによる
「体の中心・基礎固め」効果だといいます。

横隔膜を下げたまま息を吐くには、
「お腹は膨らませたまま」
「肩を上げない」
のがコツ

「腹圧を高めておなかを膨らませたまま、息を吐く」
感覚をつかむためにも、
最初は指先を足のつけ根に差し込んで練習するのがいいです。

そして慣れてきたら、今度は手を使わずに行い、

立ってできるようになったら普段の生活でも「IAP呼吸法」を実践し、

できるだけ腹圧を高めて呼吸するようにシフトしていけばOK。
引用元⇒疲労予防・回復のためにスタンフォード大学で用いられる「IAP呼吸法」とは?

           

           

           

心の使い方

           

           

           

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。
↓ ↓ ↓
人類を救済するのは、物質では、環境を変えることでは、無理。

           

           

この記事は
各見出しの中から
選んだのをクリックすると
その記事に飛びます。

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓
人類を救いたい。
↓ ↓ ↓
実験中の心の使い方

           

           

           

           

人類を救いたい。

地球温暖化で災害が多くなってる。

人間同士で争うことは後を絶たない。

資源には限りがある。

別れは必ず訪れる。

みんな死ぬ。

気をつけてても

事故に巻き込まれる。

災害に巻き込まれる。

感染してしまう。

お金を持っても持たせても

避けられない。

先延ばしや一時しのぎ出来るかもしれないし

あっさりくたばっちゃうかもしれない。

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

世の中はこの世とあの世があって

死んであの世に帰っていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方
のまとめ

           

腹圧呼吸でおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して
おなかまわりを「固く」する

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

世の中はこの世とあの世があって

死んであの世に帰っていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

家族の歴史、家族の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

いじめや嫌がらせから抜け出す方法は、
必ずあります。

電話やメールで相談したり、
いま起きていることをメモに記録したり、

他の人たちの経験を参考にしたり、

イザとなったら弁護士や警察に相談することだってできます。

このサイトにはいろいろな方法がのっています。
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/08/12/izime/

           

           

           

           

ハプニングやスクープを投稿したらお金になった。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLP1D+9ZLUXM+3X86+5YJRM

           

           

           

            

お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S28502260/

メールが確認できれば48時間以内に返信いたします。
このやり取りをQ&Aコーナーで使わせてもらいますが
よろしいでしょうか?

毎回の仕事の内容を
インスタ記事にしてます。

◆インスタグラム記事◆

2019.4/25
東京ビッグサイト青海展示棟で
機械搬入作業。
重たい機械を傾かないように抑えながら移動しました。

2019.4/20
千代田区霞ヶ関のビルで
ソファ搬入作業。
ソファを立てに台車に乗せてなかなか来ないエレベーターにやっと乗りました。

2019.4/3
渋谷区富ヶ谷のビルで
事務什器、備品搬入作業。
棚の組み立てが一杯あって時間かかりました。

2019.3/27
中野区上鷺宮の学校で
ロッカ-棚取り付け作業。
二階、三階の廊下にずらりとあるロッカ-に
フックがついたのを付けて棚を嵌め込むっていうのを延々と繰り返しました。

2019.3/19
港区西新橋の工事現場で
オフィス什器搬出作業。
ロッカ-、テ-ブル、椅子を地下から階段で一杯上げました。

2019.3/14
渋谷区笹塚の工事現場で
パネルハウス、水洗トイレ解体手伝い運搬作業。
職人が解体したのをどんどんトラックに積み込みました。

2019.3/11
港区港南のビルで
什器の搬入手伝い
重たいのを台車に立てにして運びました。

2019.3/2
豊島区東池袋サンシャイン60で
レイアウト変更、ダンボ-ル逃がし、新規什器の開梱、設置。
エレベーターから降りてきたのをトラックに積み込み、別のトラックが持ってきたのをエレベーターに積み込みました。

2019.2/27
虎ノ門の工事現場で
事務什器等搬入作業。
4トントラック2台から
ロッカ-台車に乗せてスロープ下ろして設置しました。

2019.2/22
大田区南蒲田のビルで
什器、備品搬入設置作業。
面接会場の仕切りをトラックから下ろして設置しました。

2019.2/20
板橋区熊野町で
厨房機器撤去作業。
外したのをどんどんトラック2台に積み込みました。

2019.2/18
吉祥寺東町の工事現場で
キッチン部材搬入、開梱作業。
階段狭くて足場外して外に出っぱらして階段上げました。

2019.2/14
台東区東上野のマンションで
養生、廃材搬出、積み込み作業。
解体中だからあとからあとから廃材が出る。昼休みで打ち切りました。

2019.2/12
渋谷区宇田川町の工事現場で
ゴミ出し、清掃作業。

2019.2/6
文京区本駒込で
家具、建具搬入作業。
トラックから階段で二階、三階に運びました。へろへろになりました。

2019.2/5
練馬区高野台のビルで
アンテナ、ケ-ブル搬出作業。
屋上から長いのを階段で下ろして、
あとは台車でエレベーターで下ろしました。

2018.12/3
上野の国立科学博物館で
ホワイトボ-ド搬入、組み立て補助作業。
業務用エレベーターで地下に運んで職人に手を貸す。見てる時間が長かった。

2018.7/21
大道芸 を
フジテレビと自由の女神のそばでやってました。

しゃべりも面白いし
バックで流れてくる音楽もいいタイミングだし
技もすばらしい。

風船で何か作るのから始まって、
高い一輪車に乗ったままピンを三本ホイホイやったり、
紙袋に入ったビンが一瞬で麦茶が入ったワイングラスになったり、
剣三本とリンゴをホイホイ投げながら
リンゴをがぶりを繰り返しやってました。

けっこう多くの人がお金渡してあげてました。

2018.7/17
羽田空港第1ターミナル の三階で
厨房機器入れ替え作業。

荷物用エレベーターから厨房まで養生シ-トを敷いて、
古いのを外して狭いところを持ち上げて
入れ替え作業しました。

2018.7/1
東宝スタジオの3スタジオで
什器運搬作業。

きのうビニールシ-トでくるんでおいた
発泡スチロールの砂浜と発泡スチロールのでかい岩を
大型トラックに積み込み。

でも前の現場の作業が終わらなくて
トラックなかなか来ませんでした。

2018.6/28戸越銀座 の保育園の新築工事現場で
建具搬入作業。

トラック三台分二階と三階にリレ-で上げたり、
二人で上げたりしました。
各部屋に運んで設置しました。

           

引用元⇒インスタグラム

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

気楽に働くとは日雇いの派遣のこと。 #派遣
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/04/02/haken/

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

アンテナサイト

youtube
竜馬と空海にはつながりがあった。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト




メルマガです。
↓ ↓ ↓
https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

LINEです。
↓ ↓ ↓
友だち追加

インスタです。
↓ ↓ ↓
Instagram

コメントを残す

*