宮本武蔵の必死。

Posted by in つらい、苦しい, 肥満

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

宮本武蔵の必死。

武蔵は試合に先立って常に細心の用意をしている。
時間をおくらせて、じらしたり、
逆をついて先回りしたり、
試合に当たって心理的なイニシャチヴをとることを
常に忘れることがなく、

自分の木刀を自分でけずるというような
堅実な心構えも失わないし、
クサリ鎌に応じては
二刀をふりかぶるという特殊な用意も怠らない。

試合に当たって常に綿密な計算を立てていながら、
しかし、いよいよ試合にのぞむと、
さらに計算をはみだしたところに最後の活をもとめているのだ。

このような即興性というものはいかほど深い意味があっても
オルソドツクスには成り得ぬもので、
一つごとにーつの奇跡を賭けている。

自分の理念を離れた場所へ自分を突き放して、
そこで賭け事をしているのである。

その賭け事には万全の用意があり、
また、自信があったのかもしれぬが、
しかし、賭け事であることには変わりがない。

「小次郎の負けだ」
めざとくも利用して武蔵はそう言ったが、
しかし、そこに余裕などがあるものか。

武蔵はただ必死であり、
必死の凝ったー念が、
溺れる者の激しさで
藁の奇跡を追うているだけの話だ。

余裕というもののいっさいない
無意識の中の白熱の術策だから、
凄まじいほど美しいと僕は言う。

万全の計算をつくし、一生の修業を賭けた上で、
なお、計算や修業をはみだしてしまう 
必死の術策だから美しい。

彼はどうしても死にたくなかった。
是が非で生きたかった。
その執着の念が悪相の限りを凝らして
彼の剣に凝っており、

縋り得るあらゆる物に槌りついて
血路をひらこうとしているだけだ。

最後の場にのぞんだ時に、
意識せずしてこの術策を弄してしまう武蔵であった。

救われがたい末練千万な性格を、
逆に武器に駆り立てて利用している武蔵であった。

しかしながら、武蔵には、いわば
悪党の凄味というものがないのである。

松平出雲の面前で
相手の油断を認めると挨拶前に打ち倒してしまったりして、
卑怯と言えば卑怯だが、
しかし悪党の凄味ではなく、

むしろ、ボンクラな田舎者の
一念凝らした馬鹿正直というようなものだ。

彼はとにかく馬鹿正直にー念凝らして
勝つことばかり狙っていた。

所詮は一剣術使いで、
一王国の主たるべき悪党ぷりには緑がなかった。

いつでも死ねる、という偉丈夫の覚悟が彼にはなかったのだ。
その覚悟がなかったために
編みだすことのできた
独特無比の剣法ではあったけれども、
それゆえまた、剣を棄てて
他に道をひらくだけの芸がなく、
生活の振幅がなかった。
引用元
堕落論

勝負、生死より、
試合うことの駆け引きのわくわく、
命がどこへ運ばれていくのかの、
うきうきする楽しみに
目を向けてやっていったら
楽に生きて行けないだろうか?

((正解するカド Shindou x Saraka kiss scene)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

( ゴジラvsパシフィック・リムetcパート2 お、おもしろい!)

(「キングコング 」まさにこれが、怒涛の展開!)

(「シン・ゴジラ」の未完成映像。)

(「キンクコング」エンパイアステートビルの空中戦。ナオミワッツとの別れ。)

海も温泉も銭湯もベッドでも視線が逆に快感になります。
 

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


健康と医療ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト